【ポケカ】新カードを採用した悪バレットを紹介!【マニューラGX】

2019年9月4日デッキ, ポケモンカード

※2020年1月9日更新!

こんにちは。

今回は9月に発売されたポケモンカードの新パック「オルタージェネシス」の新カードを使った【悪バレット(マニューラGX)】デッキについて書いていこうかなと思います。

剣盾環境にも対応しましたので、《マニューラGX》を使いたい!と思っている方は参考にしていただければ幸いです。

また、以前の記事で《レッド&グリーン》と《マニューラGX》の相性がいいのではというものも書いておりますので、そちらも参考にしてみてください。

それでは見ていきましょー。

【悪バレット(マニューラGX)】の概要と強化点

《基本悪エネルギー》を自由に動かせる特性をもつ《マニューラGX》を立てて、状況に応じてエネルギーを付け替え、安定した火力で攻めていくデッキです。
場にエネルギーが溜まったら、《ブラッキー&ダークライGX》の『デッドムーンGX』や《メガヤミラミ&バンギラスGX》でワンパンを狙うことも可能です。

今までは悪エネルギーの準備に長い下準備が必要だったので、動き出しが遅くなり、その間に巻き返せないところまでゲームが進んでしまったということが多くありました。
しかし、「オルタージェネシス」で《レッド&グリーン》というカードを獲得。

《レッド&グリーン》 トレーナーズ サポート TAGTEAM
■自分の場のポケモン1匹から進化する「ポケモンGX」を、自分の山札から1枚選び、そのポケモンにのせて進化させる。そして山札を切る。(最初の自分の番や、出したばかりのポケモンには使えない。)
■追加で、このカードを使うときに手札を2枚トラッシュしてよい。その場合、進化させたポケモンに、自分の山札にある基本エネルギーを2枚までつける。

課題だった下準備の長さをこのカード1枚で解決してしまいました。

手張りも合わせれば、《ブラッキー&ダークライGX》が2T目から殴りにいくことが出来るようになり、デッキのスピードが大幅に上昇しました。

また、《無人発電所》でデッキの動きが大きく阻害されていましたが、その点も《混沌のうねり》の登場によってある程度の耐性を得ることが出来るようになりました。

《混沌のうねり》 トレーナーズ スタジアム

■おたがいのプレイヤーが、手札から別の名前のスタジアムを場に出したとき、このスタジアムをトラッシュしたあと、そのスタジアムもトラッシュする。(新しく出たスタジアムの効果ははたらかない。)




ではそんなところで、デッキレシピの紹介に移っていきたいと思います!

【悪バレット(マニューラGX)】のデッキレシピ

「ソード&シールド」環境に合わせた構築に更新しました!

今回はこのように構築してみました。

《レッド&グリーン》を使って《マニューラGX》が素早く着地できるよう、《タッグコール》を始めとしたサーチ系カードを多く投入しております。

《メガヤミラミ&バンギラスGX》は攻撃するために必要なエネルギーが多く、扱いづらい印象を受けたため、今回は採用を見送りました。




【悪バレット(マニューラGX)】回し方

ステップ①:《マニューラGX》を展開しよう

まずはデッキの動きの根幹となる、《マニューラGX》を場に出すことを目指していきます。
《ニューラ》を《レッド&グリーン》によって進化させることが理想的です。

《レッド&グリーン》は山札からしか進化ポケモンを持ってこれない為、もし手札に《マニューラGX》が来てしまったら、《ヤレユータン》の特性『さるぢえ』で山札に戻してあげましょう。
そうすることによって、確実に《レッド&グリーン》の効果を使用することが出来ます

ステップ②:《ブラッキー&ダークライGX》で攻撃開始!

《マニューラGX》の特性『シャドーコネクション』を使用して、《ブラッキー&ダークライGX》にエネルギーを集めて攻撃をしましょう。

《ブラッキー&ダークライGX》のワザ、『ブラックランス』はベンチにいる「ポケモンGX・EX」にも60ダメージを与えることが出来ます。
多くのデッキに採用されている《デデンネGX》や、強力な「TAGTEAM」にダメージを与えて、今後の展開の準備をしましょう。

相手の場に《ミュウツー&ミュウGX》や《シルヴァディGX》がいるなら、《ミミッキュ》の出番です。
特性『シャドーボックス』の効果で、特性を封じてしまいましょう。
ただし、自分の場の《マニューラGX》にダメカンが乗っていると、特性『シャドーコネクション』も消えてしまうので注意!

ステップ③:《ヤミラミV》で超火力を叩き出そう

《ブラッキー&ダークライGX》のワザ『ブラックランス』でダメカンが乗った相手のポケモンを《カスタムキャッチャー》で呼び出し、《ヤミラミV》のワザ『マッドネイル』で仕留めに行きましょう。

基礎ダメージ「10」+乗っているダメカン「6」×倍率「60」=計370ダメージ

という超高火力を出すことが出来ます。
このダメージを耐えきれる「ポケモンGX」は存在しません。正に弐撃必殺。

エネルギーが溜まっているなら《ブラッキー&ダークライGX》の『デッドムーンGX』で相手のポケモンを強制的に気絶させてしまいましょう。
次の相手ターンに「トレーナーズ」を使えなくする効果も持っているので、詰め性能が非常に高いです。

 

vs【悪バレット】対策

このデッキのポケモンが持っている弱点は多くが「闘タイプ」。
【ドリュウズ】や【イシヘンジン】など、闘ポケモンをメインアタッカーにできるデッキでは有効に立ち回ることが出来ます

 

闘タイプを使用していないデッキで【悪バレット】と戦うときは、出来る限り早いうちに《ニューラ》か《マニューラGX》をきぜつさせていきたい所ではあります。
デッキのメインの動きを担っているので、これらのポケモンを素早く処理できれば、相手の動きが鈍ります。

また、今回紹介したデッキにも入っていますが、《ミミッキュ》も強力です。

何らかの手段で《マニューラGX》にダメカンを乗せさえすれば、機能停止に追い込めるので対策としては中々強力です。

 

まとめ

今回は「オルタージェネシス」で強化された【悪バレット(マニューラGX)】について書いていきました。

個人的にはやっと《アーゴヨン》から脱却できるのでうれしさを感じております。
《アーゴヨン》を使うと本当に動きが遅くて・・・

悪バレットを考えている方の参考になれば幸いです!

おわり。

↓オルタージェネシスのBOXはこちら!↓

↓《ブラッキー&ダークライGX》《マニューラGX》を手に入れよう!↓