【ポケカ】安くて強い!低予算で作れるデッキレシピを紹介!【2022年11月版】

デッキ, ポケモンカード, 初心者向け

こんにちは。

今回はポケモンカードにおける、安く作れてなおかつ強いデッキを紹介していこうと思います。
ポケモンカードと言えば、2018年の大ブームの影響もあり、本格的なデッキを組むには「高い」というイメージがある方は多いです。
しかし、そんなイメージを覆す安くて強いデッキが実は沢山あります。

今回は安くて強いデッキの中から、一部のデッキを今回紹介していきます!
5,000円~8,000円ぐらいあれば一からでも組めるデッキばかりですので、是非参考にしてみてください!

それでは見ていきましょー。

↓最新弾!拡張パック「パラダイムトリガー」はこちら!↓

【テールナー+セレナ】デッキ

【デッキコード】kFkFkV-HBnl91-wVddkk
【構築費用】8,000円程度(2022年10月時点)

トラッシュの《セレナ》の数だけダメージが上がるワザ『フレアパレード』を持つ《テールナー》がメインアタッカーとなっているデッキ。
《ニャオニクス》の特性『おまねきイヤー』で《セレナ》を手札に加えてからトラッシュすると効率が良いため、まずは《ニャオニクス》を場に出すところから始めましょう。

《テールナー》及び《マフォクシー》が持つワザ『フレアパレード』は、最大で240ダメージを出すことが出来ます。
《こだわりベルト》や《ガラル ジグザグマ》を合わせることで、280ダメージまで火力を出すことが出来るため、「ポケモンVSTAR」をワンターンキルすることも可能です。

中盤以降は、ワザを使うために必要なエネルギーが減った《かがやくリザードン》も上手く活用して勝利を目指していきましょう。

【きままにおよぐ】デッキ

【デッキコード】gLPnHN-6V2rVr-HHLnLn
【構築費用】6,000円程度(2022年10月時点)

《ケイコウオ》の特性『うみのばんそう』を使って、ワザ『きままにおよぐ』を持つ《ジュゴン》にエネルギーを付けて攻撃をするデッキ。

《ジュゴン》のワザ『ひょうかいリターン』は自分の場に付いている水エネルギーを好きなだけ山札にもどして、その数×40ダメージを与えます。
水エネルギーを大量に戻すことで200を超えるダメージを狙うことも可能です。

山札にもどしたエネルギーは次の番にまた手札に持ってこられるよう、《ビーダル》や《シロナの覇気》といったドローカードや、《たっぷりバケツ》や《おじょうさま》といったサーチカードを多く採用しています。

終盤になって山札のエネルギーの割合が大きくなると、大きなダメージを連発することも可能になるため、後半に強くなるデッキです。

【ソルロック&ルナトーン】デッキ

【デッキコード】FFdVkf-XP1OZK-F1kVk5
【構築費用】8,000円程度(2022年10月時点)

特性『サンエナジー』を持つ《ソルロック》を使って《ルナトーン》にエネルギーを付け、攻撃を行うデッキ。

《ルナトーン》のワザ『ムーンキネシス』は、素のダメージ30に加え、自身に付いている超エネルギーの数×30を与えるワザとなっています。
『ムーンキネシス』を使うために3つ超エネルギーを付けていれば、その時点で120ダメージとなります。
そこから更にエネルギーが付いていればいるほどダメージが上がっていきます。

最初は各種サーチカードを使って素早く《ソルロック》を場に並べ、《ルナトーン》にエネルギーを付けられるようにしていきましょう。
《ソルロック》はトラッシュからエネルギーを付ける為、《かがやくゲッコウガ》や《ポケストップ》、《博士の研究》でエネルギーをトラッシュしていきましょう。

【アヤシシピッピ】デッキ

【デッキコード】vF1VFb-l3A8Nx-kV5kkk
【構築費用】6,000円程度(2022年10月時点)

特性『おつきみパーティ』を持つ《ピッピ》で超エネルギーを場に大量に展開し、《アヤシシV》の特性『フロンティアロード』で一気にエネルギーを集めて攻撃をするデッキ。

《アヤシシV》が持つワザ『バリアーラッシュ』は、自身に付いているエネルギー×40ダメージを与えます。
エネルギーが8枚付けば320ダメージと、「ポケモンVMAX」をも一撃で倒せるダメージ量となり、非常に強力です。

その分、下準備や倒されたときの形成の立て直しが難しくなるため、《エネルギーリサイクル》や《ふつうのつりざお》等でうまくリソースを回復しつつバトルを進めていきましょう。

【ヒスイウィンディ】デッキ

【デッキコード】kkvfFk-POEcQl-VVVvFv
【構築費用】7,000円程度(2022年10月時点)

強化拡張パック「ダークファンタズマ」に収録の《ヒスイ ウィンディ》を軸にしたデッキ。
《ヒスイ ウィンディ》はワザ『はっぽうやぶれ』を持っており、手札が0枚の時にエネルギーなしで160ダメージを与えることが出来るポケモンです。
手札を0枚にする為に《ハイパーボール》や《ガラル ニャース》、《ピオニー》などのカードを使用して、手札を減らしていきましょう。

『はっぽうやぶれ』は強力なワザですが、手札がほぼ空の状態のまま戦うことは難しいです。
その為、最低限の手札を確保できる《ビーダル》や《ローズタワー》を採用しています。

《ザクロ》の効果を使うことで手札を0に出来る状態をキープしやすいため、安定して大きなダメージを狙うことが出来ます。

特殊な戦い方をする為、デッキをきれいに回すには少しコツがいるものの、強力なデッキタイプです。

【レジギガス】デッキ

【デッキコード】VvkF1k-9lEVg9-5vFFfk
【構築費用】6,000円程度(2022年10月時点)

特性『こだいのえいち』を持つ《レジギガス》を使用して一気にエネルギーを付けて攻撃するデッキ。
『こだいのえいち』を使うためには《レジギガス》を含む6種類の「レジ」ポケモンを場に揃える必要があります。

《クイックボール》や《キャプチャーエネルギー》等を使って場に「レジ」ポケモンを展開していきましょう。
場に6種類の「レジ」ポケモンが揃った姿は圧巻です。
『こだいのえいち』を使って、状況に合わせた「レジ」ポケモンで攻撃していきましょう!

ジャパンチャンピオンシップスで優勝したデッキタイプでもあり、今再注目の格安デッキです!

【カラマネロ(れんげきテンタクル)】デッキ

【デッキコード】ngLngH-mjCyjA-PLngnL
【構築費用】5,000円程度(2022年10月時点)

ワザ『れんげきテンタクル』を持つ《カラマネロ》が軸となっているデッキです。
『れんげきテンタクル』は、手札から任意の枚数「れんげき」のカードを山札にもどすことで、捨てたダメージ×40のダメージを与えるワザです。

デッキの3分の1以上が「れんげき」カードとなっており、豊富なドロー・サーチカードを駆使して手札に「れんげき」カードを集めて大きなダメージを狙いにいきます。

山札に戻す・トラッシュするカードの判断やダメージ計算など、慣れるまで扱いは難しいデッキとなっておりますが、2021年環境では環境上位にも上り詰めた実績のある強力なデッキタイプです!

【ルカリオ(たけるとうき)】デッキ

【デッキコード】8xG4Kx-ZESkpG-888cx8
【構築費用】6,000円程度(2022年10月時点)

特性『たけるとうき』を持つ《ルカリオ》が軸となっているデッキです。
特性『たけるとうき』は、自身にダメカンが2個乗りますが、山札から闘エネルギーを自身に1枚付けられる効果となっています。

『たけるとうき』で闘エネルギーをため込み、ワザ『れんぞくはどうだん』で大きなダメージを狙っていくのが基本的な動きとなります。
特性の都合上、メインアタッカーである《ルカリオ》は気絶しやすいので、《シロナの覇気》や《キバナ》を使って動きを立て直しながら戦っていくことになります。

《ネギガナイトV》はベンチからバトル場に出ると特性『ちかいのやり』で闘エネルギーを自分に付け替えられるので、《ルカリオ》で溜めたエネルギーを貰い、一気に攻めることも可能となっています。

【マッドパーティ】デッキ

【デッキコード】yMUpRM-z4IXVS-X3MMyy
【構築費用】5,000~6,000円程度(2022年10月時点)

ワザ『マッドパーティ』を持つポケモン達が軸となっているデッキです。
『マッドパーティ』は、トラッシュにある『マッドパーティ』をワザに持つポケモン×20ダメージを与えるワザで、《ポットデス》の特性『ティーブレイク』を使うことで素早く『マッドパーティ』をトラッシュに溜めることが可能です。

中盤以降は200以上のダメージを出すことも可能で、序盤は《チラチーノ》の特性『やりくり』で手札の補充とトラッシュを肥やしつつ相手のHPを削り、中盤から終盤にかけては大ダメージの攻撃を仕掛けていく動きが中心となっています。

《ハイパーボール》や《レスキューキャリー》等の登場で、メインアタッカーとなる《ホルビー》や《ポットデス》を展開しやすくなったおかげで、継続戦性能が強化されているデッキでもあります。

【エンニュート(なぶりやき)】デッキ

【デッキコード】:LQLnLH-z2odtx-nQ9Lng
【構築費用】7,000円程度(2022年10月時点)

相手の状態異常の数だけワザのダメージが上昇する『なぶりやき』を持つ《エンニュート》がメインアタッカーのデッキです。

状態異常を付与するために《バタフリー》を採用。
進化元の《トランセル》と《キャタピー》は、直ぐに進化できる特性『てきおうしんか』を持つものを採用しております。
これにより、《回収ネット》で進化元ごと回収した《バタフリー》をすぐに場に出すことが出来、《エンニュート》のワザ『なぶりやき』を大きくバックアップしてくれます。

《バタフリー》の特性『さんしょくりんぷん』は、どく・やけど・こんらんの3つの状態異常にするため、『なぶりやき』のダメージが270になります。
《こだわりベルト》を合わせることで「ポケモンV」に対しては300ダメージとなるので、「ポケモンVSTAR」も一撃で倒せる点が魅力的です!

また、派生形として、【エンニュート】デッキをベースとして【オオニューラV】デッキを組むことが可能です。(デッキコード:xxc8Dx-7fXRWm-Yc84DG)
構築費用は若干高くなりますが、HPの高い「ポケモンV」を使用することが可能です!

まとめ

今回は、安くて強いデッキを紹介していきました。

低予算でデッキが作れるので、初心者の方はもちろん、新しいデッキを作りたいけどあまりコストはかけたくない人にもオススメです!

今後も新しいパックが出るたびにレシピの更新ができればと思います。

それでは良きポケカライフを!