【ポケカ 環境】6月6日更新!優勝数から見るポケモンカード最強デッキ【イーブイヒーローズ】

ポケモンカード, 環境考察

こんにちは。

今回は、ポケモンカードゲームにおける環境デッキを、ジムバトルやシティリーグ等のイベントでの優勝デッキの統計から見ていきたいと思います。

どのようなデッキやカードが活躍しているか、今後の環境の判断材料などにもしていただければ幸いです!
※おおよそ一週間ごとに更新する予定です。

サンプルレシピも掲載しているので、是非デッキづくりの基盤としてもご利用ください!

それでは見ていきましょー。

↓現環境!強化拡張パック「イーブイヒーローズ」BOXはこちら!↓

一目で分かる!ポケカの現環境!(2021年6月6日更新)

とりあえずどんなデッキが強いのか知りたい!という方は、以下の表を見ていただけると一目で分かります!
是非参考にしてみてください!

環境最上位 環境上位 環境中堅
【こくばバドレックスVMAX】 【三神ザシアン】 【オーロット&ヨノワールGX】 【ゲンガーVMAX】
【ムゲンダイナVMAX】 【れんげきウーラオスVMAX】 【ジュナイパー】 【れんげきカラマネロ】
【はくばバドレックスVMAX】

それでは続いて、統計や注目ポイントを紹介していきます!

調査方法

Twitterにて、
・「ポケカ(ポケモンカード) 大会 優勝」
・「ジムバトル 優勝」
・「トレーナーズリーグ 優勝」
・「新弾バトル 優勝」
等を使ってワード検索をします。
sinceとuntilを使って期間を指定し、その中に出てきたツイートを見ていきます。
また、シティリーグやチャンピオンズリーグがある場合はそれらも別個集計します。

ツイートは、デッキレシピが上がっている大会結果ツイートを手作業でまとめていきます。

集計をミスする場合もございますが、概ねの目安として是非参考にしてみてください!

優勝デッキ統計

各デッキの優勝数統計

各デッキタイプの優勝数の内訳です。
優勝数が3以下のデッキはその他にまとめています。

シティリーグ・チャンピオンズリーグ等優勝数内訳

シティリーグやチャンピオンズリーグ・その他特殊なイベントで優勝したデッキの優勝数の統計です。

ランク別!環境デッキ解説(2021年5月27日更新)

イベントでの優勝数が多いデッキの簡単な解説をランク別に紹介しています。
見たいデッキをタップすることで項目が開くので是非ご覧ください!

環境最上位


拡張パック「白銀のランス」に収録された《はくばバドレックスVMAX》が軸の速攻寄りデッキです。
《はくばバドレックスVMAX》のワザ『ダイランス』は2エネルギーで最大250ダメージを出すことが出来る超強力なワザです。

先攻2ターン目からの押し付けが超強力なのはもちろん、《メロン》や《ユキメノコ》といった水エネルギーの供給手段も多くなっているので、『ダイランス』を連続して打ち込むことが可能です。相方には《インテレオン》を採用して、「TAGTEAM」を仕留められる火力と対応力を補った形が多いです。
《頂への雪道》を採用しやすく、本来は苦手な《ザシアンV》に対しても不利とまではいかない立ち回りが可能である点も環境最上位にいる理由の一つでしょう。


拡張パック「漆黒のガイスト」に収録の《こくばバドレックスVMAX》を軸にしたデッキです。
《こくばバドレックスVMAX》の特性『めいかいのとびら』は、超エネルギーの加速とドローを兼ね備えた強力な効果です。
特性によって動きの安定感が非常に高く、《こくばバドレックスVMAX》自身が特性に噛み合ったワザを持っているので、メインアタッカーとしての性能も高いです。

他のポケモンとの組み合わせも強力で、《マホイップVMAX》や《オーロット&ヨノワールGX》、《ミュウツー&ミュウGX》と合わせた形もあります。
型の読みづらさもアピールポイントです。


拡張パック「ムゲンゾーン」に収録の《ムゲンダイナVMAX》が軸のデッキです。
《ムゲンダイナVMAX》はHP340と非常に高く、特性『ムゲンゾーン』によるベンチ拡張と、2エネルギーで最大270ダメージを出せる『ドレッドエンド』をワザに持つ規格外のポケモンです。

【こくばバドレックスVMAX】を始めとした超タイプデッキの流行によって、数を大幅に増やし環境トップに返り咲いています。
《ガラル サンダーV》や《頂への雪道》といったメタカードの登場にもかかわらず、多くの優勝報告があり、圧倒的なカードパワーを見せつけています。

《ガラル ファイヤーV》《ハリーセン》《レパルダスV》《ブラッキーVMAX》といった強力な悪タイプポケモンも続々登場しており、今後も勢いが増すであろうデッキタイプです。

環境上位


強力な「TAGTEAM」である《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》と高火力アタッカー《ザシアンV》を組み合わせたデッキ。
環境に炎タイプとフェアリータイプが多くない為、どのデッキに対しても安定してダメージを通すことが出来ます。
《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》のGXワザ『オルタージェネシスGX』がとにかく強力で、取れるサイド枚数の追加の恩恵を受けて、相手の《デデンネGX》や《クロバットV》を処理し、メインアタッカーを避けつつ勝ちにいくムーブが理想。
その動きをバックアップするために《クチートGX》や《やまびこホーン》を採用し、《ボスの指令》は4枚積まれます。

もちろん『オルタージェネシスGX』抜きでも強力な運用が可能で、対応力が高いです。
最近では《ピオニー》を採用した形も見られるようになりました。

環境中堅


拡張パック「連撃マスター」に収録された《れんげきウーラオスVMAX》が切り札のデッキです。
《れんげきウーラオスVMAX》のワザ『キョダイレンゲキ』は相手ポケモン2体に120ダメージを与える強力なワザです。
『キョダイレンゲキ』はエネルギーを消費するため、『しっぷうづき』で相手ポケモンを消耗させつつ、トドメを『キョダイレンゲキ』にする立ち回りが中心になります。

相方としては《インテレオン》を採用して、足りない火力と幅広いシーンに対処できる対応力を伸ばした形が主流です。
どれだけの攻撃で相手のポケモンを倒せるか?をしっかり計算し、各ターンの最適解を見つけながら戦う必要がある上級者向けのデッキです。


拡張パック「漆黒のガイスト」の登場により勢力を拡大したデッキタイプ。
《霧の水晶》によるサーチと、《クレセリア》のワザ『クレセントグロウ』による初動の安定化が大きな要因となっています。

採用ポケモンは《オーロット&ヨノワールGX》と《クレセリア》に絞り、トレーナーズをサーチできる《ブルーの探索》を採用した形がメインです。
《オーロット&ヨノワールGX》のワザ『ナイトウォッチャー』によるハンデスはやはり強力で、《マリィ》や《リセットスタンプ》を絡めて相手を追い詰めていきます。

現環境には少ない妨害特化のデッキとなっています。


拡張パック「漆黒のガイスト」より登場した新たな「れんげき」デッキです。
メインアタッカーの《カラマネロ》はワザ『れんげきテンタクル』によって、手札の「れんげき」ポケモンをデッキに戻して大きなダメージを狙いに行きます。

効率よくダメージを与えられるよう、「れんげき」カードをサーチできる《オクタン》と山札を引ける《チラチーノ》を併用した形が主流となっています。
非ルールポケモンのデッキである為、長期戦を狙いやすく、少ないエネルギーから大ダメージを出しにいける点が特徴です。

今週の注目ポイント!

①:【ゲンガーVMAX】【れんげきインテレオンVMAX】の使用者が非常に多く、【ゲンガーVMAX】が優勝数トップ!

2021年5月28日に発売されたハイクラスデッキの切り札である《ゲンガーVMAX》と《インテレオンVMAX》が早速活躍しています。

特に【ゲンガーVMAX】は《ブラッキーVMAX》と組み合わせて、相手の切り札や《デデンネGX》等を確実になぎ倒していく安定感があり、人気となっています。
シティリーグでも2度優勝しているあたり、大きなダメージをシンプルに押し付ける点に強さがあるのでしょう。
【ゲンガーVMAX】の使用者が多いことを見越してか、弱点を突き、1エネルギーで《ゲンガーVMAX》を処理しやすい【れんげきウーラオスVMAX】の優勝数も伸びています。

【れんげきインテレオンVMAX】は、《インテレオン》を組み込んだ形が多く、サブアタッカーとして《れんげきウーラオスVMAX》を採用してるパターンもありました。
こちらも《インテレオン》の採用で安定感が高く、【れんげきウーラオスVMAX】よりも更にダメカンのばら撒きに磨きがかかっています。
《ジメレオン》が《たっぷりバケツ》から《基本水エネルギー》になるのも偉いです。

②:「ブイズ」達も負けじと環境で戦う!他のポケモンとの組み合わせが主流

強化拡張パック「イーブイヒーローズ」に収録された「ブイズ」も早速活躍をしています。
全ての「ブイズ」が何かしらの形でデッキに投入されて優勝しています。

特に《ブラッキーVMAX》は先ほど紹介した【ゲンガーVMAX】との相性が非常によく、お供として採用されているパターンが非常に多かったです。

《リーフィアVMAX》は《ビクティニVMAX》や《インテレオン》、《ガラル ファイヤーV》といった、汎用性が高めなポケモンとよく組み合わせられていました。

《ニンフィアVMAX》は「れんげき」ポケモンで無色でワザを使えるため、《バシャーモVMAX》や《れんげきウーラオスVMAX》といった、他の「れんげき」ポケモンと合わせて使用される場面が多かったです。

③:【パーフェクション】は厳しいか、そしてまた蘇る【ひのたまサーカス】に期待

拡張パック「白銀のランス」「漆黒のガイスト」環境から徐々に勢力を弱めていった【パーフェクション】系統のデッキですが、優勝数がその他にまとめられるほどになりました。
メインアタッカーの《ミュウツー&ミュウGX》が、【はくばバドレックスVMAX】や【ムゲンダイナVMAX】に一撃でやられてしまうこともありました。
その上、【ゲンガーVMAX】の登場によって、更に一撃で倒される機会が増えたり、そもそも【ゲンガーVMAX】で殴りに行った方が早かったりするのが大きいでしょう。

同じく優勝数がその他のデッキから注目したいのは【ひのたまサーカス】です。
拡張パック「イーブイヒーローズ」に収録の《ワタシラガ》の特性『わたはこび』や、《巨大なカマド》を使って炎エネルギーを手札に加えていき、大ダメージを狙いに行く構築にチェンジ。
炎エネルギーをドローソースに代える《エンニュート》も採用して、デッキに安定感をもたらしています。

レギュレーションマーク「B」のカードがスタンダードレギュレーションから落ちて、環境からも落ちてしまったデッキタイプがまた復活の予兆を見せています。

まとめ

今回は「イーブイヒーローズ」の1週目の環境について、優勝ツイートの統計から見ていきました。
2週間の優勝デッキ数から見た場合、現在の環境デッキは以下のようになります。

環境最上位 環境上位 環境中堅
【こくばバドレックスVMAX】 【三神ザシアン】 【オーロット&ヨノワールGX】 【ゲンガーVMAX】
【ムゲンダイナVMAX】 【れんげきウーラオスVMAX】 【ジュナイパー】 【れんげきカラマネロ】
【はくばバドレックスVMAX】

今後の環境予想や考察の参考にしていただければ幸いです!

それでは良きポケカライフを!

↓現環境!強化拡張パック「イーブイヒーローズ」BOXはこちら!↓