【ポケカ】『リザードンex(悪)』デッキについて回し方や対策などを解説【新レギュ対応】

デッキ, ポケモンカード, 環境考察

こんにちは。

今回は【リザードンex(悪)/悪リザードンex】デッキについて、デッキの回し方や対策などを紹介しています。

1枚でザックリ分かる!【リザードンex(悪)】とは

【リザードンex(悪)】のキーカード

《リザードンex(悪)》:メインアタッカー

悪タイプへとテラスタル化した《リザードンex》。
テラスタル化の共通効果で、ベンチにいるとワザのダメージを受けません。
HPは330と高く、現状マイナーな草弱点なので多くの環境デッキ相手に安定して戦うことが出来ます。

手札から進化した時に発動できる特性「れんごくしはい」は、山札から《基本炎エネルギー》を3枚まで、好きなポケモンにつけられる強力なエネルギー加速効果です。
ワザ「バーニングダーク」に必要なエネルギーをつけても1枚余るので、他のポケモンも育てることが可能です。

ワザ「バーニングダーク」は、炎エネルギー2つで使用出るワザで、180ダメージに加えて相手が既に取ったサイドの枚数×30ダメージを与えます。
序盤ではやや火力不足感は否めなかった印象がありましたが、拡張パック『ワイルドフォース』にて《マキシマムベルト》が登場。
序盤から「ポケモンex」を倒して積極的にサイドを取りに行くことが出来るようになりました。

相手に合わせてサイドプランを調整し、相手のメインアタッカーを一撃で倒せるように調整をしていきたい所です。

進化元の《ヒトカゲ》《リザード》について

《ヒトカゲ》は現状3種類が存在しています。
基本的には《頂への雪道》をはじめとしたスタジアムを除去出来、HPが70と高い《ヒトカゲ(ポケモンカード151)》を中心に採用すると良いでしょう。

また、《ヒトカゲ(ヒートタックル)》は、【サーナイトex】デッキのアタッカーである《サーナイト》に《リザードンex》が倒された返しの番で、《サーナイト》を倒せるポケモンとして優秀な働きをするため、1枚刺しておくパターンもあります。

《リザード》は現状3種類あります。

基本的には《かがやくゲッコウガ》のワザ「げっこうしゅりけん」をベンチで耐えられるHP100の《リザード(ポケモンカード151)》を採用したい所ですが、今後は《ヤミラミ》を《アマージョex》などのダメカンを乗せる効果を重く見るときは、《リザード(シャイニートレジャーex)》を採用すると良いでしょう。

《ワザマシン エヴォリューション》:展開補助

付けたポケモンがワザ「エヴォリューション」を使用可能になります。

「エヴォリューション」はベンチポケモンを2匹選び、選んだポケモンを進化させる効果です。
【エヴォリューション型】ではこの効果で《リザード》を展開し、《リザードンex》に進化させる動きを目指していきます。

《ピジョットex》:展開補助・サーチ要因

特性「マッハサーチ」は好きなカードを毎番手札に持ってこれる特性で、【ピジョットex型】ではこのカードを使用して、盤面をコントロールして戦っていきます。

基本的には《ポッポ》から《ふしぎなアメ》を使って展開していきます。

逃げるエネルギーも必要としないので、逃げ要因としての活躍が可能です。
弱点としては《ピジョットex》が倒されたり、《ワザマシン デヴォリューション》で《ポッポ》にさせられたりすると、対応力が大幅にダウンしてしまうことがあります。

《ビーダル》・《暗号マニアの解読》:ドローソース・疑似確定サーチ

特性「はたらくまえば」によって、安定した手札枚数を維持できる《ビーダル》。
《ワザマシン エヴォリューション》型の他、「ビーダル」型と呼ばれる「エヴォリューション」にも《ピジョットex》にも依存しない型のキーカードとして採用されます。

《暗号マニアの解読》は、「ビーダル」型のもう一つのキーカードで、山札のカードを2枚デッキトップに置くことが出来ます。
《暗号マニアの解読》を使用した後で「はたらくまえば」を使うことで、疑似的な確定サーチを行うことが出来ます。
サポート権を使うものの、《ピジョットex》よりも手札に加えられる枚数が多いため、その番に出来ることが圧倒的に増える点が特徴です。

《かがやくリザードン》:サブアタッカー

特性「エキサイトハート」で相手の取ったサイドの枚数ぶん、ワザの無色エネルギーが減っていくポケモン。
ワザ「かえんばく」の威力は250と申し分なく、サイド枚数が劣勢なら後述の《まけんきハチマキ》で280ダメージを出せるため、「ポケモンex」「ポケモンVSTAR」に対しても強力なカウンターを仕掛けることが出来ます。

《カウンターキャッチャー》・《まけんきハチマキ》:カウンター要素

サイド枚数が相手よりも多いなら強力な効果を発揮するカードたちです。

基本的に立ち上がりが遅く、サイドレースを先行されるため、これらのカードで巻き返しを図っていきます。
どちらも《ペパー》でサーチできるので、手札に加えやすい点も魅力的です。

【リザードンex(悪)】のサンプルレシピ

今回は【エヴォリューション型】と【ピジョットex型】の2種類を紹介します。
レシピに関してはこちらも是非参考にしてみてください。

【エヴォリューション型】

《ワザマシン エヴォリューション》を展開補助に採用した型です。
この型の特徴としては、
◎《ビーダル》を採用するので、《ナンジャモ》に対してある程度耐性がある
◎2進化ラインが《リザードンex》のみなので盤面を構築しやすい
◎動き方が【ピジョットex型】に比べて分かりやすく、最初の型としてオススメ

といった感じです。

【ピジョットex型】

現在はコチラの形が主流となっています。
《ピジョットex》を使って盤面をコントロールしながら戦っていく型です。
この型の特徴としては、

◎《ピジョットex》の特性を使って、サポートを使い分けながら戦える
◎構築のカスタム幅が広い
◎盤面の展開しきった後の制圧力が高い

といった感じです。

【ビーダル型】

《ビーダル》でのドローと、《暗号マニアの解読》での疑似確定サーチを組み合わせた形です。

「ピジョットex」型と比べて更に構築にカスタマイズ性が出るほか、《暗号マニアの解読》で1ターンの価値を大幅に広げられるので、逆転や有利な状況での押し切りがしやすくなっています。

ベンチにサイドを1枚しか取られないポケモンだけ並べる盤面を作りやすく、《ボスの指令》や《プライムキャッチャー》の被害を抑えやすい点が特徴です。

展開補助がなくなる為、盤面展開の安定感はやや落ちますが、豊富な逆転手段を備えているので【リザードンex(悪)】にとってはほとんど影響がありません。

【リザードンex(悪)】の回し方

今回の記事では、主流の【ピジョットex型】で解説をしていきます。

まずは場に《ピジョットex》を場に出すことを目指していきましょう。

《ペパー》はグッズと「ポケモンのどうぐ」を同時にサーチすることが出来ます。
《なかよしポフィン》や《ハイパーボール》、《ふしぎなアメ》など、《ピジョットex》を場に出せるように必要なカードを手札に加えていきましょう。

それと同時に、「ポケモンのどうぐ」をサーチして強力な攻撃を仕掛けられるように準備を整えていきましょう。

《ロトムV》は特性「そくせきじゅうでん」によって、山札を3枚引いて番を終えることが出来ます。
1ターン目は準備のターンになり、攻撃を行うことはほとんどないため、「そくせきじゅうでん」で番を終わりたい所です。

《ピジョットex》を《ふしぎなアメ》経由で進化させることが出来たら、特性「マッハサーチ」を使って2枚目の《ふしぎなアメ》や《リザードンex(悪)》などをサーチして、《リザードンex(悪)》を場に出していきましょう。

特性「れんごくしはい」で《基本炎エネルギー》を付けてすぐに攻撃を開始することが出来ます。

相手のポケモンが倒せそうなら、《マキシマムベルト》や《げんきのハチマキ》を付けてサイドレースを有利に進めましょう。

サイドを取られると、《リザードンex》のワザ「バーニングダーク」のダメージが上昇していきます。

ここからはサイドをどんどん取りにいけるようになるので、高いHPを武器に「バーニングダーク」を連打してサイドを取り切っていきましょう。
《ピジョットex》の特性「マッハサーチ」のおかげで、《ボスの指令》や《カウンターキャッチャー》を使いたいタイミングで使えるため、相手に大きな負担を掛けながらサイドを取っていくことが出来ます。

不利な状況でもあきらめず、逆転を狙っていきましょう。

【リザードンex(悪)】の対策

①:ダメージラインを把握し、戦いやすいサイドプランを組む

《リザードンex(悪)》は採用されるアタッカーの種類が多くなく、ワザのダメージラインを比較的把握しやすいデッキです。
その為、しっかりとサイドプランを組んだうえで戦うと、《リザードンex(悪)》の攻撃を耐えてこちら側の攻撃回数を増やしやすくなります。

ただし、《マキシマムベルト》の登場により、大きくプランを崩される可能性もあるので、時と場合に応じた柔軟性や状況の先読みなどが必要です。

②:《ピジョットex》や《ビーダル》を手早く倒す

《ピジョットex》や《ビーダル》など、ドロー・サーチ要因を早い段階できぜつさせることで、相手の展開を妨害することが出来ます。
《ボスの指令》や《プライムキャッチャー》などで狙ってみると良いでしょう。

ただし、《リザードンex(悪)》の火力が上がってしまう為、対策①でも紹介したように、ダメージラインをしっかりと把握したうえで攻撃を仕掛けていきましょう。

まとめ

今回は【リザードンex(悪)】について回し方や対策などを紹介しました。

中盤以降のパワーが非常に高く、『スカーレット・バイオレット』シリーズのコンセプトの1つである「逆転」という要素を存分に味わうことが出来るデッキです。

人気のポケモンかつ環境でも活躍しているデッキなので、初めて使う環境デッキとしてもオススメです!

それでは良きポケカライフを!