【ポケカ】拡張パック「白銀のランス」収録カードリストと解説【白銀のランス】

カードリスト, ポケモンカード

こんにちは。

今回の記事では、2021年4月24日発売の拡張パック「白銀のランス」の収録カードと、ちょっとした解説を公開しております。

デッキづくりや環境考察の参考にしてみてください!

商品情報

ポケモンカードゲーム ソード&シールド 拡張パック 第10弾!

伝説のポケモン「バドレックス」を筆頭に環境のトップに立つカードが登場!!

■『白銀のランス』には水タイプの「はくばバドレックスV・VMAX」収録!
また、その他にも強力なポケモンVMAX が収録されています!

■「いちげき」の魅力的なカードが追加!!
ポケモンV やVMAX はもちろん、戦い方の幅を広げる強力な「サポート」や「グッズ」が複数収録されています!
『白銀のランス』には「いちげき」が収録されています!

■スペシャルアート仕様 のカードが収録!!
ポケモンの生態や世界観を描いたスペシャルアート仕様のカードが、今回も数種収録されます!
(※yahoo!ショッピングより、一部修正)

↓拡張パック「白銀のランス」BOXはこちら!↓

↓白銀と漆黒を一緒に!ジャンボパックセット↓

草タイプ

《ザルード》

ワザ『むれよびのうた』は草ポケモンを1体サーチする効果を持ったワザです。
後攻最初の番ならば、手札に加える草ポケモンは最大3枚までとなり、沢山のポケモンをサーチできます。
性能を見ると、《ボルケニオン》や《クレセリア》のポケモン版といった形でしょうか。

進化ポケモンもサーチ可能である為、「ポケモンVMAX」や《ゴリランダー》、《チェリム》といった強力なポケモンを手札に加えて準備を整えていきましょう。

炎タイプ

《ポワルン たいようのすがた》

自分のトラッシュにスタジアムが8枚以上あるなら、ワザのエネルギーが必要なくなる「ポワルン」シリーズの一体です。

《ポワルン たいようのすがた》は、スタジアムをトラッシュすることで「150」ダメージを与えることが可能です。
ダメージは大きいですが条件が若干厳しいので、弱点を突くためのポケモンとして、2枚程度の採用が良さそうです。

《エースバーン》

「いちげき」の2進化ポケモン。
自身が使うワザのダメージが、相手の取ったサイド1枚につき「+30」される特性『かじばのパワー』を持っています。

ダメージ追加量は最大「+150」で、ワザ『ひのたまシュート』のダメージが「150」である為、最大「300」ダメージを出すことが出来ます。
更に《いちげきエネルギー》を付けることで「320」ダメージとなるため、「ポケモンVMAX」をも一撃で倒せるようになります。

水タイプ

《ラプラス》

同パック収録の《メロン》と相性の良いカードです。
ワザ『ホワイトコール』で山札から2枚《メロン》をサーチできます。

《メロン》を手札に加えて、次のターンからエネルギー加速を行っていきましょう。

《ポワルン ゆきぐものすがた》

トラッシュにスタジアムが8枚以上あるなら、ワザのエネルギーがなくなる「ポワルン」シリーズの一体。

次の番にワザが使えなくなるものの、「120」ダメージを与えることが出来る『フロストタイフーン』を持っています。
逃げるエネルギーも必要ないため、デメリットを気にせず戦うことが出来ます。
【ポワルン】デッキのメインアタッカーとして活躍しそうです。

《はくばパドレックスV》

「ブリザポス」に乗った《はくばパドレックスV》です。

ワザ『ブリザードランス』は。エネルギーを2つトラッシュして「200」ダメージを与えるワザとなっています。
《メロン》や《モスノウ》を使うことで連続してワザを使うことも可能なため、アタッカーとしての性能も十分に持ち合わせています。

《はくばパドレックスVMAX》

《はくばパドレックスV》から進化する「ポケモンVMAX」。
鋼弱点なので《ザシアンV》には注意。

無色2つで使えるワザ『エンペラーライド』は相手のベンチポケモンの数だけダメージが上がります。
通常であれば最大で「160」ダメージを出せるため、「ポケモンVMAX」も2回で倒せる火力が出せます。

水エネルギー2つで使える『ダイランス』は、エネルギーをトラッシュした分だけダメージが上がるワザです。
1枚トラッシュで「130」、2枚トラッシュで「250」ダメージとなるため、相手に合わせてダメージを調節可能です。
エネルギーをトラッシュするため、《モミ》との相性も良好。

雷タイプ

超タイプ

《スリーパー》

相手が特殊状態なら「120」ダメージになり、特殊状態を回復させるワザ『めざましビンタ』が特徴。

1エネルギーで使用でいるためコストパフォーマンスは高めです。
《ウツドン》や《キョウの罠》を使って追加ダメージを狙いましょう。

闘タイプ

《ルガルガン》

トラッシュにある「いちげき」のポケモンの数×10ダメージを追加するワザ『ローグファング』を持っています。
ダメージの上昇幅は小さいですが、《いちげきエネルギー》に対応しているため、決して侮れないダメージを出すことが可能です。

《サダイジャV》

特性『すなのぼうへき』によって、実質HPが「250」となっているポケモンです。
《ビクティニVMAX》の『ダイビクトリー』を素で受けきる耐久力が魅力です。

ワザに特筆すべき点はないので、「キョダイマックスのすがた」での「ポケモンVMAX」収録が期待されます。

また、拡張パック「白銀のランス」を2BOX購入することで、スペシャルアート版の《サダイジャV》を手に入れることが出来ます。

悪タイプ

鋼タイプ

無タイプ

《トルネロスV》ー《トルネロスVMAX》

「いちげき」のポケモンとして収録です。
どちらもスタジアムを利用したワザが特徴的です。

《トルネロスV[》は、場にスタジアムが出ているなら「40」ダメージになる『ふきぬける』を持っています。
無色1個で使うことが出来るのでコストパフォーマンスが良いです。
《いちげきエネルギー》や《パワフル無色エネルギー》を付ければ、たねポケモンを一撃で倒すことも可能です。

《トルネロスVMAX》はワザ『ダイフウジン』が強力。
4エネルギー必要ですが、スタジアムが場にあることで「240」ダメージになります。
ついでにスタジアムを破壊することが可能なので、厄介な《混沌のうねり》も除去可能です。

グッズ

《いちげきの巻物 貫通の巻》

「いちげき」のポケモンにワザ『だんがんとっぱ』を与える「ポケモンのどうぐ」。
炎エネルギーと無色エネルギー2つで使用出来、弱点・抵抗力・相手のバトルポケモンにかかっている効果を計算せず「120」ダメージを与えます。

「ポケモンV・GX」からのダメージを防ぐ《ジュナイパー》や《チルタリス》、「ポケモンVMAX」からのダメージを防ぐ《ザマゼンタV》の対策として優秀な効果を発揮します。
《いちげきウーラオスVMAX》以外の「いちげき」の「ポケモンV」をメインアタッカーにしている場合には採用を検討したい1枚。

《耐火グローブ》

《耐火グローブ》をつけているポケモンが使うワザの、炎ポケモンへのダメージを「+30」する「ポケモンのどうぐ」です。
露骨な炎タイプメタカードですが、炎タイプ以外のデッキには刺さらず、【炎パーフェクション】への対策としては若干心もとないです。

【ビクティニVMAX】に対してはある程度効果がありそうです。

サポート

《アスナ》

相手の特殊エネルギーと、場のスタジアムを除去できるサポート。
サポート権を消費するのは痛いですが、特殊エネルギーを除去しつつ、《混沌のうねり》といった厄介なスタジアムも除去できる点が魅力です。

「いちげき」のカードでもある為、《あくの塔》でトラッシュに捨てつつ必要になったら《おむかえちょうちん》で手札に加えることも可能です。

《メロン》

トラッシュから水エネルギーを「ポケモンV」につけつつ、カードを3枚引けるサポート。
エネルギーを加速しつつカードを引ける強さは《溶接工》が証明済みですが、加速できる枚数は1枚である点は注意。

エネルギーをトラッシュしてダメージを出す《はくばパドレックスV》や《はくばパドレックスVMAX》との相性はかなり良いです。

スタジアム

《頂への雪道》

お互いの場の「ルールをもつポケモン」の特性をすべて無くす、《無人発電所》の上位版のような性能をしたスタジアム。

超強力な《クロバットV》や《ムゲンダイナVMAX》の特性も止めることが可能になるので、現環境のデッキにも幅広く刺さります。
ただし、自分のポケモンにも効果が及ぶ点には注意です。

「ポケモンGX」のみを止めたいなら《無人発電所》でも同じ効果を得ることが出来ます。

エネルギー

《インパクトエネルギー》

「いちげき」のポケモンにのみ付けることが出来、すべてのタイプのエネルギー1個ぶんとして働く特殊エネルギーです。
また、どく状態にならなくなるため、《ストリンダーVMAX》や《エンニュート》のようなどく状態を利用するカードに対して強く出ることが出来ます。

すべてのタイプのエネルギー1個ぶんとして働くため、《いちげきエネルギー》では対応できない闘・悪タイプ以外の「いちげき」のポケモンとの相性も良好です。

 

↓拡張パック「白銀のランス」BOXはこちら!↓

↓白銀と漆黒を一緒に!ジャンボパックセット↓