【ポケカ】ハイクラスパック「VMAXクライマックス」収録カードリスト

カードリスト, ポケモンカード

こんにちは。

今回の記事では、2021年12月3日発売のハイクラスパック「VMAXクライマックス」の収録。再録カードと、ちょっとした解説を公開しております。
基本的にはカードの名称のみですが、新規カードや新規イラストでの収録などについてはピックアップして紹介をしていきます!

再録範囲は、強化拡張パック「伝説の鼓動」~拡張パック「摩天パーフェクト」「蒼空ストリーム」を中心として、環境で活躍している「伝説の鼓動」以前に収録されているカードが一部再録される模様です。

デッキづくりや環境考察の参考にしてみてください!

目次(Contents)

商品情報

ハイクラスパック「VMAXクライマックス」

発売元:株式会社ポケモン
発売日:2021年12月3日(金)
希望小売価格:550円(税込)
セット内容:カード/1パック11枚入り
※カードはランダムに封入されています
※基本エネルギーカード(キラ)が必ず1枚入っています(※ポケカ公式HPより引用)

各パックに必ず1枚、「ポケモンV」「ポケモンVMAX」「ポケモンV-UNION」、SRのカードいずれかが入っている模様です。
また、強化拡張パック「ドリームリーグ」以来、久しぶりにCHR(キャラクターレア)が登場。
新レアリティとしてCSR(キャラクタースーパーレア)のカードが収録。恐らくSR以上の枠。

草タイプ

《ビードル》ー《コクーン》ー《スピアー》

「いちげき」の進化ラインのものが再録。

《コロトックV》

《チェリンボ》ー《チェリム》

《チェリンボ》はHPが40と低いものの、特性『はつらつかじつ』によって、相手のワザの効果を受けません。
《ドラパルトVMAX》の『ダイファントム』や《ミミッキュVMAX》の『オカルトナンバー』で処理されることはなくなりますが、《インテレオン》の特性『クイックシューター』や《れんげきウーラオスVMAX》のワザ『キョダイレンゲキ』などは防ぐことが出来ないので注意しましょう。

《チェリム》は新規イラストで収録です。

《ユキカブリ》ー《ユキノオー》

《サッチムシ》ー《レドームシ》ー《イオルブ》

《サッチムシ》のみ草タイプで、《レドームシ》と《イオルブ》は超タイプです。

《イオルブV》ー《イオルブVMAX》

《カジッチュ》ー《アップリュー》

《ザルード》

炎タイプ

《ヒトカゲ》ー《リザード》ー《リザードン》

《リザードン》は新規イラストおよびCHR版があります。
CHR版では《ダンデ》とじゃれ合っているような《リザードン》が描かれています。

(《イーブイ》)ー《ブースター》

《バシャーモV》ー《バシャーモVMAX》

通常版とCSR版で再録。
CSR版では、「ハルカ」と共にポケモンバトルをしているような《バシャーモV》が描かれています。

《ポワルン(たいようのすがた)》

《マルヤクデV》ー《マルヤクデVMAX》

水タイプ

《タッツー》ー《シードラ》ー《キングドラ》

《ガラル バリヤード》ー《ガラル バリコオル》

(《イーブイ》)ー《シャワーズ》

《テッポウオ》ー《オクタン》

《オクタン》は通常版とCHR版で収録。
「釣り人」をのんびり眺めている《オクタン》が描かれています。

《ポワルン(あまみずのすがた)》

《ポワルン(ゆきぐものすがた)》

《ユキワラシ》ー《ユキメノコ》

《メッソン》ー《ジメレオン》ー《インテレオン》

特性『クイックシューター』を持つ《インテレオン》が待望の再録。
非常にかっこいい新規イラストで収録されます。

需要が非常に高い、特性『うらこうさく』の《ジメレオン》と《インテレオン》は再録されませんでした。

《ユキハミ》ー《モスノウ》

《モスノウ》は《メロン》と共に描かれたCHR版があります。
電飾を付けている《メロン》を見守っているかのように見えます。

《コオリッポ》

「フュージョン」の新規ポケモン。

ワザ『ブロックスライダー』は自分の場の《フュージョンエネルギー》の数×40ダメージを与える攻撃です。
《メロエッタ》のワザ『メロディアスエコー』と似たワザですが、こちらはベンチポケモンに対してもダメージを与えることが出来ます。

弱ったポケモンや《メッソン》《マーイーカ》など、放置して置けない低HPのポケモンを倒すのに効果的です。
《ミュウVMAX》でコピーして使用するのも良いでしょう。

(《ダクマ》ー《れんげきウーラオス》

《はくばバドレックスV》ー《はくばバドレックスVMAX》

雷タイプ

《ピカチュウV》ー《ピカチュウVMAX》

《ピカチュウVMAX》は通常版とCSRで再録。
CSRは《ピカチュウVMAX》をバックに立つレッドが描かれています。

《ビリリダマ》ー《マルマイン》

(《イーブイ》)ー《サンダース》

《サンダー》

《メリープ》ー《モココ》

《モココ》は新規イラストとCHRで再録。
CHRではBW2の姿での「カミツレ」と共に描かれています。

《モココ》から進化する《デンリュウ》は再録されていません。

《ゼクロム》

通常版とCHRで再録。
CHRは《ゼクロム》に乗る「N」が描かれています。

《ゼラオラV》

通常版の他に、CSR版での収録もあります。
サン&ムーンの主人公である「ミヅキ」と共に戦っているような《ゼラオラV》が描かれています。

《パルスワンV》

ワザ『ライトニングストーム』の《パルスワンV》が再録。
CSR版は私服の《ソニア》と描かれたイラストとなっています。

《モルペコV-UNION》

5体目の「ポケモンV-UNION」。
HPは310・逃げるエネルギーが2つとスペックは平均的です。

「ポケモンV-UNION」共通のワザ『ユニオンゲイン』に加えて、3つのワザを所持しています。
右上ワザ『たべほうだい』は自分の手札が10枚になるように山札を引くドロー効果です。
強力ですが、「V-UNION」で使用するのはもったいなさがあるところです。

左下ワザ『バーストホイール』は、自身に付いているエネルギーをすべてトラッシュし、トラッシュした枚数×100のダメージを与えます。
最低でも300ダメージを出すことが出来、4枚トラッシュすれば無補正で全てのポケモンを一撃で倒せるようになります。
《モココ》の特性『エレキダイナモ』を活用して複数回打てるようにしておきたいですね。

超タイプ

《ガラル フリーザーV》

《ラルトス》ー《キルリア》ー《サーナイト》・《エルレイド》

通常版とCHRで再録。
CHRではパソコンを動かしている「ドクター(男性)」が後ろに描かれています。

《エルレイド》は闘タイプで収録されています。

《カゲボウズ》ー《ジュペッタ》

《ヨマワル》ー《サマヨール》ー《ヨノワール》

《ヨノワール》は通常版とCHR版で収録。
《ヨノワール》と共に妖しげな雰囲気を見せる《マツバ》が描かれています。

《クレセリア》

新規イラストで収録されています。

《デデンネ》

相手のサイドが残り1枚なら強化されるワザ『デデフラッシュ』を持っています。
追加効果を発揮出来ても自身が倒されやすいため、過信は禁物です。

《ニンフィアV》ー《ニンフィアVMAX》

《ミミッキュV》ー《ミミッキュVMAX》

《ミミッキュV》の再録と同時に、新規カードとして《ミミッキュVMAX》が登場。

ワザ『オカルトナンバー』が特徴的です。
拡張パック「スターバース」に収録される《ダブルターボエネルギー》のデメリットを気にせず攻撃出来るため相性が良いです。
無色2つで使用出来、ダメカンを4つばら撒くワザとなっていますが、同パック収録の《アセロラの予感》を使用したターンならばばら撒くダメカンが13個になります。

《ミミッキュV》が特性で場持ちの良い効果を持ちわせているので、相手の行動を1ターン縛っておいて次の自分の番に《ミミッキュVMAX》に進化、『オカルトナンバー』で相手に損害を与えるといった運用が可能です。

下ワザ『ダイシャドー』はハンデス効果を持ち合わせたワザ。
威力に不安が残る為、『オカルトナンバー』を軸とした運用をすると良いでしょう。

《マホミル》ー《マホイップ》

《マホミル》はワザ『みちびく』を持つ新規カード。
効果によって《マスター》を手札に加え、《マホイップ》の攻撃に備えていきましょう。

《マホイップ》は通常版とCHRで収録される新規カード。

特性『ついかオーダー』は、《マホイップ》がバトル場にいる時に《マスター》を使用しても番が終わらない効果です。
ワザ『レインボーフレーバー』の効果でエネルギーの種類が多ければ多いほどワザのダメージも上がる為、《マスター》との相性がとても良いです。

《こくばバドレックスV》ー《こくばバドレックスVMAX》

闘タイプ

《ガラル サンダーV》

《イワンコ》ー《ルガルガン》

《イワンコ》は《ククイ博士》と共に描かれたCHR版があります。
寝ている《イワンコ》を《ククイ博士》が見守っているように見えます。

《ナゲツケサル》

新規イラストで収録。
《ジメレオン》とともに描かれています。

《タイレーツ》

《イシヘンジン》

《ダクマ》ー(《いちげきウーラオス》・《れんげきウーラオス》)

《いちげきウーラオスV》ー《いちげきウーラオスVMAX》

《れんげきウーラオスV》ー《れんげきウーラオスVMAX》

悪タイプ

《ガラル ファイヤーV》

《イトマル》ー《アリアドス》

《アリアドス》は通常版とCHRで収録。
《アリアドス》と共に忍んでいる《アンズ》の姿が描かれています。

《クロバットV》

多くのデッキに必須カードとして投入されている汎用ポケモン《クロバットV》が採録されます。

《ブラッキーV》ー《ブラッキーVMAX》

《デルビル》ー《ヘルガー》

《ガラル ジグザグマ》ー《ガラル マッスグマ》ー《ガラル タチフサグマ》

拡張パック「シールド」に収録されていたものが再録。

《ミカルゲ》

《フーパ》

スペシャルデッキセット「ザシアン・ザマゼンタvsムゲンダイナ」に収録されたイラストで再録です。

《ムゲンダイナV》ー《ムゲンダイナVMAX》

(《ダクマ》)ー《いちげきウーラオス》

鋼タイプ

《ドーミラー》ー《ドータクン》

《ドータクン》が新規イラストとCHR版で再録されます。
CHR版には《ミカン》と歩く《ドータクン》が描かれています。

《ミカン》は強化拡張パック「ドリームリーグ」から続投してCHR版に登場しています。

《コバルオン》

《アーマーガアV》ー《アーマーガアVMAX》

《ザシアンV》

《ザマゼンタV》

拡張パック「シールド」に収録された《ザマゼンタV》の再録です。
CSR版も登場し、《ホップ》と共に戦う勇ましい姿が描かれています。

ドラゴンタイプ

《レックウザV》ー《レックウザVMAX》

《レックウザVMAX》が新規イラストで再録です。

《クリムガン》

前の相手の番に自分のポケモンがきぜつしていたら160ダメージになるワザ『リベンジ』を持っています。
ワザのエネルギーを2種類要求しているため、その分威力も大きくなっています。

強化される条件が《キバナ》を使うための条件と似ているため、1ターンでエネルギーを付けて即攻撃を仕掛ける動きもしやすいです。

《ジュラルドンV》ー《ジュラルドンVMAX》

《ジュラルドンVMAX》が新規イラストとCSR版で再録です。
CSR版は《ジュラルドンVMAX》の頭に乗りながら、共に上昇するようなイラストとなっています。

無タイプ

《ケンタロス》

《イーブイ》

通常版とCHRで再録。
「マサキ」と共に描かれています。
ちらりと「ニドリーノ」の画像が挟まっています。

《カビゴン》

新規イラストで再録です。

《ハピナスV》

通常仕様の他に、CSR版も登場。
《ポケモンセンターのお姉さん》のサポートをしているような光景が描かれています。

《ハピナスV》は拡張パック「漆黒のガイスト」で収録されたスペシャルアート版もある為、どのイラストを使うか悩ましい所ですね。

《ポワルン》

《ヤレユータン》

特性『さるぢえ』を持つ《ヤレユータン》が通常版とCHR版で再録。
「ジーナ」と共にくつろぐ姿が描かれています。

グッズ

《あなぬけのヒモ》

《うねりの扇》

《回収ネット》

《活力の壺》

《霧の水晶》

《ターボパッチ》

《たっぷりバケツ》

《ツールスクラッパー》

《ふつうのつりざお》

《やまびこホーン》

《レベルボール》

《おはらいグローブ》

特定のタイプへのダメージを「+30」する「グローブ」シリーズの1枚。
《おはらいグローブ》は超タイプに対して有効です。

《こくばバドレックスVMAX》や《カラマネロ》などへ大きなダメージを与えることが可能です。

《タフネスマント》

《ハンターグローブ》

特定のタイプへのダメージを「+30」する「グローブ」シリーズの1枚。
《ハンターグローブ》はドラゴンタイプに対して有効です。

《レックウザVMAX》や《ジュラルドンVMAX》等に対して有効です。
また、ドラゴンタイプには弱点がないため、ドラゴン環境になった時により大きなダメージを出すために採用されそうです。

《ふうせん》

《望遠スコープ》

《メモリーカプセル》

サポート

《アセロラの予感》

相手の手札を見て、その中にあるトレーナーズの枚数だけ山札を引く効果を持つサポート。

山札を引ける枚数が相手の手札次第になるので、運要素が強いものの、《ミミッキュVMAX》のワザ『オカルトナンバー』を強化するために必要となる為、使い道はあります。

《ガラルの仲間たち》

3枚ドローを行う《ホップ》と同性能のカード。
「ポケモンカードゲーム サン&ムーン リミテッドマスターバトルセット」にプロモカードとして収録された《アローラの仲間たち》と似ており、ガラル地方での主人公2人と《ホップ》《マリィ》《ビート》が描かれています。

《キバナ》

《クララ》

《コルニの気合い》

《シバ》

《ダンテ》

《とりつかい》

《ピオニー》

《冒険家の発見》

ハイクラスデッキにのみ収録されていたカードが漸く再録。
ノーマル版での収録となる為、ノーマルで統一したい方にも嬉しい仕様。

《ボスの指令》

「フラダリ」のキラカード仕様で再録されています。

《マスター》

使った後番が終了するサポート。
効果によって、自分のベンチポケモンを3体まで選んで、山札ら違うタイプの基本エネルギーを1枚ずつ付けることが出来ます。

一度に3枚ものエネルギー加速が出来るカードですが、違うタイプのエネルギーをベンチポケモン3体に付けなければならないため、最大枚数付けるのはやや難しいです。

3種類のエネルギーを必然的に採用する「アメイジングレア」のポケモンを使ったデッキや、同パック収録の《マホイップ》との相性はよいです。

《マリィ》

《メロン》

《モミ》

《ユウリ》

山札からルールを持たないたねポケモンを3枚までベンチに出せるサポート。
序盤に使うことが出来れば一気に場の展開が完了し、今後の動きが楽になります。

《メッソン》や《メリープ》などの複数並べておきたいポケモンや、《ミュウ》《カビゴン》などの1体置いておきたいポケモンをまとめてベンチに出していきましょう。

《ルリナ》

《ローズ》

スタジアム

《あくの塔》

《頂への雪道》

《いにしえの墓地》

《ターフスタジアム》

《みずの塔》

エネルギー

《アロマ草エネルギー》

《ヒート炎エネルギー》

《ウォッシュ水エネルギー》

《スピード雷エネルギー》

《ホラー超エネルギー》

《ストーン闘エネルギー》

《ハイド悪エネルギー》

《コーティング鋼エネルギー》

《パワフル無色エネルギー》

《いちげきエネルギー》

《オーロラエネルギー》

《キャプチャーエネルギー》

《ツインエネルギー》

《れんげきエネルギー》