【ポケカ】拡張パック「蒼空ストリーム」収録カードリスト・解説

カードリスト, ポケモンカード

こんにちは。

今回の記事では、2021年7月9日発売の拡張パック「蒼空ストリーム」の収録カードと、ちょっとした解説を公開しております。

デッキづくりや環境考察の参考にしてみてください!

商品情報

「蒼空ストリーム」はダイマックスの「レックウザ」が目玉カードになるようです。
また、「れんげき」関連のカードも収録される模様。

更に、ドラゴンタイプのポケモンが復活。
複数のタイプのエネルギーを要求する代わりに、弱点を持たない点が特徴です。

草タイプ

《カジッチュ》ー《タルップル》《アップリュー》

《カジッチュ》は1エネルギーでダメージを与えることが出来ます。

《タルップル》は相手の場のポケモンについている特殊エネルギーの数だけダメージが上がる『べっとりねんえき』と、相手のバトルポケモンがバトルポケモンが「ポケモンV」ならダメージが上がる『とうしのタックル』を持っています。
相手に依存するところは大きいですが、大ダメージを狙いやすい点が特徴です。

《アップリュー》は相手の特性持ちのポケモン数×50ダメージを与える『きょうさんねんえき』が最大の特徴。
現環境でも活躍するデッキには特性持ちのポケモンが多く採用されているため、大きなダメージを狙いやすく、刺さりが良いです。
こちらも『とうしのタックル』を使えるため、「ポケモンV」相手には大ダメージを与えることが出来ます。

炎タイプ

水タイプ

雷タイプ

《メリープ》ー《モココ》ー《デンリュウ》

《メリープ》はHPが60と低めです。
闘ポケモンに弱点を突かれるため、やられやすい点に注意です。

《モココ》は特性『エレキダイナモ』によって、1ターンに1度、トラッシュから雷エネルギーを自分のベンチポケモンにつけることが出来ます。
現スタンダード環境でエネルギー加速手段に乏しかった雷タイプの救世主的存在です。
同パック収録の《レックウザVMAX》との相性はもちろん良いですが、雷タイプデッキには必須の1枚となるでしょう。

《デンリュウ》は雷エネルギーを3枚トラッシュすることで220ダメージになる『エレクトロクラッシュ』が特徴。
進化元の《モココ》の特性『エレキダイナモ』との相性も比較的良いです。

超タイプ

闘タイプ

《ヤジロン》ー《ネンドール》

《ヤジロン》は《ツインエネルギー》でワザを使えます。

《ネンドール》はワザ『こだいのこくいん』によって、相手のバトルポケモンのHPを「60」になるようにダメカンを乗せることが出来ます。
強力なワザではありますが、エネルギーが重く、進化も必要な為扱いづらさはあります。

悪タイプ

鋼タイプ

無タイプ

ドラゴンタイプ

《カイリューV》

HPが230と高く設定されているポケモン。

250ダメージを与えるワザ『ドラゴンゲイル』が特徴。
ただし、自分のポケモンにもダメージを与えるため、扱いは難しいです。

《レックウザV》ー《レックウザVMAX》

《レックウザV》は1エネで使える『りゅうのはどう』と、炎タイプと雷タイプの基本エネルギーどちらかを2枚までトラッシュすることでダメージを上げるワザ『スパイラルバースト』を持っています。
最大で180ダメージを狙うことが出来ます。比較的楽にダメージを稼ぐことが出来るので、アタッカーとしての採用も検討出来ます。

《レックウザVMAX》は特性『そうくうのはどう』によって、手札をすべてトラッシュすることでカードを3枚引けます。
手札が少ないときや《リセットスタンプ》で手札を削られた対策として有用。
手札をすべてトラッシュして効果を発揮する、《ローズ》や《ピオニー》との相性がよいです。

ワザ『ダイバースト』は《レックウザV》の『スパイラルバースト』の上位互換ワザです。
2枚までのトラッシュだと旨味が少ないですが、「ポケモンVMAX」を2回の攻撃で倒せる十分なダメージ量は出ます。
出来れば3枚以上トラッシュして大きなダメージを狙っていきましょう。

どちらも同パック収録の《モココ》と相性が非常に良いです。

サポート

《ヒガナの決意》

手札を2枚トラッシュすることで、相手の場のポケモンの数だけカードを引けるサポートです。
《エリカのおもてなし》とは、使用条件が異なるので、どちらが強いかは一概には言えませんが、手札が多い状況でも使用できる点が強力です。

スタジアム

《嵐の山脈》

お互いのプレイヤーは1ターン1度、山札から雷またはドラゴンタイプのたねポケモンをベンチに出すことが出来ます。
ベンチに直接出すため、《デデンネGX》の特性は使えない点に注意。

雷・ドラゴンタイプ主体のデッキでは非常に強力な効果を発揮します。

エネルギー