ルガゾロのサブ・メタアタッカーを考えていた

2019年6月15日ポケモンカード

こんにちは。

今回は【ルガゾロ】デッキに置けるサブ・メタアタッカーについて考えたいと思います。

なぜ考える必要があるのか

「ウルトラシャイニー」環境までは、1裏でたねポケを倒されずに2表で《ゾロアークGX》を立てて殴ることが出来ていました。
その後、1体目のGXが倒されることで相手のサイドが4枚になることで、「小マッシ」・「スレハンマッシ」こと《マッシブーン》が活かしやすい環境となっていました。

すれっじ★はんまー

しかし、「タッグボルト」以降は《ピカチュウ&ゼクロムGX》が蔓延する環境に。
その《ピカチュウ&ゼクロムGX》が後1『フルドライブ』なり『タッグボルトGX』なりでサイド4枚を越えてくる場面が多くなりました。

テテフだけは許さない

ここら辺から《マッシブーン》を使っていくことが難しくなってきました。

そして時は流れるにつれて、強力な「TAGTEAM」が続々参戦。
《フェローチェ&マッシブーンGX》だの先1《カキ》をした《レシラム&リザードンGX》だので本格的に《マッシブーン》が使えないような状況になりました。


というわけで、《マッシブーン》に頼らない新しいサブ・メタアタッカーを探し出す事が求められているわけです。


【ルガゾロ】のサブ・メタアタッカー採用基準


この項目につきまして、採用担当のマッシブーンさんにお越しいただきましたので、彼からのご説明とさせていただきます。

よろしくお願いします。

マッシブーン:「個人的な考えになりますが、【ルガゾロ】のサブ・メタアタッカーとして採用したい点は以下の3つ。

 ①:1体で複数のデッキを見ることが出来る(≒枠を圧迫しない)
 ②:エネルギー要求が少ない
 ③:特定のデッキのポケモンをワンパン出来る

①:複数のデッキを見る」については、【ルガゾロ】において重要視したい所です。
組み替え幅が広いからと言ってあれもこれもと入れてしまうと、元々ポケモンが多いデッキに更にポケモンが加わることになり、デッキバランスが崩壊。結果的にデッキが回らなくなってしまいます。

よって、サブ・メタアタッカーは1体で幅広いデッキを見ることが要求されています。


②:エネルギー要求の少なさ」について、【ルガゾロ】はエネルギーが10枚未満で構築されることがほとんどで、《ルガルガンGX》が殴りにいくこと割とあるのでサブ・メタアタッカーに多量のエネルギーを支払うことは避けたいです。

エネルギー要求の少なければ少ないほど【ルガゾロ】にとってはありがたいです。


③:特定のデッキのポケモンをワンパン」については、文字通りです。
ただ、基本的に2パンになりがちな【ルガゾロ】において一発でサイドを取ることが出来るのは大きなアドバンテージで、相手の計算も狂わせたり、サイド差を覆して優勢に立つことも可能になります。

《ピカチュウ&ゼクロムGX》が出てからは条件付きなものの、1エネでワンパンできる《ルカリオGX》が注目されていました。

RRがかっこいい


とまぁこんな感じで先に挙げた3点を見てサブ・メタアタッカーは採用したいですね。」

「サブ・メタアタッカー」の採用候補

《ルカリオGX》

先ほど挙げたやつ。
今月の「ジムバトル」のプロモーションパックにおいてHP60の《リオル》が登場したのが追い風。

《ウツギ博士のレクチャー》から繋がるようになり、今まで以上に《ピカチュウ&ゼクロムGX》にプレッシャーを与えることが出来るようになりました。

ただし「ミラクルツイン」環境では【悪バレット】【ピカチュウ&ゼクロムGX】を見ることが出来ます。
一応【ルガゾロ】ミラーでもそれなりに強いです。

《マニューラ》(あくのいましめ)

特性持ちが多ければ多いほど火力が増すポケモン。

【ピカチュウ&ゼクロムGX】【ウルトラネクロズマ】【ジラーチサンダー】は特性を持ったポケモンが多いため、《マニューラ》の餌食となる。
HP60の《ニューラ》がいるので《ウツギ博士のレクチャー》も使え、《クチナシ》による強襲も可能なのが魅力。

最近ですと特性を使うデッキと使わないデッキが環境に共存しているので、やや刺さりが悪いです。

《ヤドキング》《ホワイトキュレム》

どれも【レシラム&リザードンGX】ピンポイントメタになります。

《ヤドキング》は《トリプル加速エネルギー》一手で『フレアストライク』を使用可能な《レシラム&リザードンGX》を倒すことが出来ます。
ただしあちら側のエネルギーが少ないとどうしようもないのが難点です。

《ホワイトキュレム》はTwitterのフォロワーさんから教えてもらいました。
《カウンターエネルギー》+《カウンターゲイン》で条件を満たした『いてつくほのお』が撃てる。

火力が高く、非GX相手にも有効に使えそうですが要求値が高いのがやや辛い所。

《ユキメノコ》は《レインボーエネルギー》1手で《レシラム&リザードンGX》と相打ち出来る点が優秀です。
ただし、《レインボーエネルギー》を採用する都合上、他のポケモンの確定数がズレる可能性があるので、その点に気を付けてプレイをする必要があります。

《ルガルガンGX》(たそがれ)


・・・・・・

ちょっとまって・・・

これ強くない?これちょっと強すぎじゃない?

目!

この目っ!

目!!

《ピカチュウ&ゼクロムGX》を狩りながら、《レシラム&リザードンGX》も狩ろうと考えているこの目だよ!!

通常ワザが補正無しで《ピカチュウ&ゼクロムGX》をワンパンできるのが本当に偉い。
《レシラム&リザードンGX》については、2体目のそれを倒すときに、『ラジアルエッジGX』でワンパンの可能性を秘めているのも強力。

しかも《イワンコ》共有してるから万が一にはメインアタッカーにもなれる。

特性のエネルギーリムーブ効果も腐りづらく、【ウルトラネクロズマ】や《カウンターエネルギー》採用デッキには刺さりやすい。

君に決めた!!!

まとめ

というわけで、今回は【ルガゾロ】におけるサブ・メタアタッカーについて何匹かのポケモンと共に考えました。

自分は《ルガルガンGX》(たそがれ)を入れてしばらく考えてみます。

【ルガゾロ】は本当に色々なポケモンが採用出来て面白いデッキですね。
また何か面白そうなポケモンがあれば使って、書いていきたいと思います。


おわり。

2019年6月15日ポケモンカードポケカ, ルガゾロ, ルガルガン

Posted by teien