【ポケカ】新カード情報公開!これは…いいものだ!【剣盾】

ポケモンカード

こんにちは。

3日ぐらい前の話にはなってしまいますが、「ポケモンカード ソード&シールド」に新しく登場するカードが何枚か公開されましたので性能を確認するとともに、使い道なども書いていきたいと思います。

《クイックボール》

《クイックボール》 トレーナーズ グッズ
■このカードは、自分の手札を1枚トラッシュしなければ使えない。
■自分の山札からたねポケモンを1枚選び、相手に見せて、手札に加える。そして山札を切る。

「ポケモンカード サン&ムーン」における《ネストボール》の調整版のような性能。

手札を1枚トラッシュする必要があるが、山札からたねポケモンを手札に持ってくることが可能。
なので、《デデンネGX》をはじめとした、手札からベンチに出したときに効果を発動する特性を持ったポケモンとは好相性です。

それに限らずとも、《ネストボール》の使用感に近い感覚で、強力な「TAGTEAM」のポケモンや、汎用サーチポケモン《ジラーチ》なども持ってくることが出来ます。

手札のトラッシュは《カラマネロ》を使ったデッキなど、トラッシュを利用する際にはメリットに転じる所もあるので、中々うまい具合に調整されているなぁと感じました。

《クイックボール》は、「スターターセットV草」「スターターセットV闘」「プレミアムトレーナーボックス」に収録されるようです。
間違いなく多くのデッキに採用される、「汎用カード」となりえるカードだと思うので、まとまった数を確保しておきたいですね。

created by Rinker
ポケモン(Pokemon)
¥1,500 (2019/12/08 11:46:49時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ポケモン(Pokemon)
¥1,520 (2019/12/08 11:46:50時点 Amazon調べ-詳細)

《しんかのおこう》

 

《しんかのおこう》 トレーナーズ グッズ
■自分の山札から進化ポケモンを1枚選び、相手に見せて、手札に加える。そして山札を切る。

ノーコストでデッキから「進化ポケモン」を手札に加えるカード。
「ポケモンGX」や「ポケモンV」といったポケモンもサーチすることが可能です。

「TAGTEAM」があまりにも強すぎて【進化系デッキ(特に、2進化)】を態々握る意味が薄くなりがちな環境になっていたので、それらの救済策として収録されるカードかなぁと考えてみたりします。

《タイマーボール》とは違い、確実性があることが特徴です。
特に《アローラキュウコンGX》とは相性がよく、相互サーチをすることが可能です。

《ふしぎなアメ》が「ソード&シールド」において再録が確定していないので、「スタンダードレギュレーション」では分かりませんが、「エクストラレギュレーション」ならば、《アローラキュウコンGX》で《ふしぎなアメ》と《しんかのおこう》をサーチして一気に「2進化ポケモン」を場に出すこともできるので、【進化系デッキ】がより強化されそうですね。

《しんかのおこう》は「スターターセットV炎」「スターターセットV水」に収録される予定です。
このカードも【進化系デッキ】を使う際には一度投入を検討するカードになりそうなので、まとまった数を確保しておきたいです。

created by Rinker
ポケモン(Pokemon)
¥1,570 (2019/12/08 11:55:58時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ポケモン(Pokemon)
¥1,520 (2019/12/08 11:46:51時点 Amazon調べ-詳細)

《ビート》

《ビート》 トレーナーズ サポート
■自分の手札から基本エネルギーを1枚選び、ベンチポケモンにつける。

手札からエネルギーを加速できる「サポート」。
エネルギーはベンチポケモンにしか付けられないので注意。

「炎タイプ」ならば《溶接工》というカードがあるので、このカードを使う意義は薄いです。
手軽なエネルギー加速の手段に乏しい「草タイプ」「闘タイプ」「鋼タイプ」などは、このカードを使って素早くワザを撃ちに行くことが出来ます。
《セレビィV》とはよさげである感じですね。うまく入れ替えることが出来れば、後1から「ラインフォース」を使うことが出来ます。

また、《アルセウス&ディアルガ&パルキア》のGXワザ「オルタージェネシス」を追加効果ありで使用することもできます。

現状では《ジラーチ》+《エスケープボード》から入れ替わって使用する、というのがいけそうなところかなとは考えていますが、《ポケモンいれかえ》が再録されれば、より使いやすくなりそうですね。

《ビート》は「スターターセットV雷」に収録される予定。
デッキにフル投入するようなカードでもなさそうなので、必要になったら揃えるぐらいの感触です。

created by Rinker
ポケモン(Pokemon)
¥1,250 (2019/12/08 11:46:52時点 Amazon調べ-詳細)

《ニャースV》

《ニャースV》 たね HP180 無タイプ
弱点:闘 抵抗力:なし にげる:無無

■『ねこにこばん』 無 30
自分の山札を1枚引く。
■『スラッシュクロー』 無無無 130

東京近郊のポケカジムで参加すると貰えるプロモーションカード。(地方ではやらないのかな?)

無色3つで130ダメージとそこそこの火力が出るカード。
やはり「ポケモンGX」より火力がさらにインフレする感じなのでしょうか。
無難な感じの性能でまとまってはいます。

なぜ「ニャース」なのかと考えた所、本編の「ソード&シールド」で「キョダイマックス」というシステムがあり、「ニャース」も「キョダイマックス」で姿が変わるポケモンとしてPVに出ておりました。

となると、「キョダイマックス」を再現したシステムが出てくるのでは・・・?と考えております。
ポケカ剣盾のPVにも出ていたHP330の「ポケモンV」のこともあり、期待が高まります。

まとめ

今回は新カードである、《クイックボール》《しんかのおこう》《ビート》《ニャースV》について見ていきました。

「ポケモンカード ソード&シールド」が始まるのも2週間後と迫ってきており、これからも続々と新情報が出てくると思うので、楽しみです!

おわり。