【ポケカ】雷軸で《レシラム&ゼクロムGX》の構築を妄想【ドリームリーグ】

ポケモンカード

こんにちは。

今回はポケモンカードの新パック「ドリームリーグ」に収録される《レシラム&ゼクロムGX》を採用したデッキを考えてみたいと思います。

強タイプの炎と雷エネルギーを要求するこのカード、様々な形が考案されています。
パッと思いつくのは、
①:《溶接工》《ヒートファクトリー♢》等を使う「炎軸」
②:《カプ・コケコ♢》《デンジ》等を使う「雷軸」
③:《レックウザGX》や「バトルシャトレーヌ」の「キャバレック」
④:《パチリス》《エモンガ》を使う「ほっぺすりすり」
①と②に関してはそこに《アーゴヨン》が加わるといった感じでしょうか・・・

とにかく形が豊富で構築が難しいです。
なのでこの記事では数ある形のうち、②の「雷軸」で考えてみることにしました。

サンプルレシピ

※《ゼクロム》→《レシラム&ゼクロムGX》、《N》→《Nの覚悟》とします。

こちらがデッキレシピです。
とりあえず《アーゴヨン》は使わない形にしてみました。
1体でも立てば、手張りと合わせて毎ターン180ダメージを出せるのは強いですが、やはり展開速度に不安を感じたので今回はひとまず採用を見送りました。

そこで空いた枠に《ゼラオラGX》と《レックウザGX》、《ラティアス♢》を入れてみることに。
《レックウザGX》の特性『しっぷうどとう』でエネルギーを回収し、役目を終えた後も《ラティアス♢》のワザ『ドリームミスト』や《Nの覚悟》のエネルギー張り要因としてもう少し頑張ってもらいます。

あとは対「非GX」用にサブアタッカーとして《シビルドン(でんきぬま)》を採用してみました。
「非GX」相手にワンパンされづらくも、こちらは主要な「非GX」をワンパン出来る火力を持つので、サイドレースに負けない立ち回りが可能です。
条件が整っているなら、《デンジ》→《ハイパーボール》経由ですぐにアクセスできるのも魅力です。

(理想の)動かし方

まずは《レシラム&ゼクロムGX》を育てます。
《基本雷エネルギー》はまぁいいとして、デッキに4枚しかない《基本炎エネルギー》を重点的に探します。
《デデンネGX》や《カプ・テテフGX》→《リーリエ》等でデッキを掘り込みに行ったり、《Nの覚悟》で付けに行きましょう。

《レシラム&ゼクロムGX》が火力を出すためにはベンチにも《基本雷エネルギー》や《基本炎エネルギー》が必要です。
今回は加速手段として《レックウザGX》、《カプ・コケコ♢》、《ラティアス♢》といった、「トラッシュからのエネルギー加速」を持つポケモンを多く採用しています。
これらのポケモンや手張りを駆使して攻撃をしていきましょう。
特に、《カプ・コケコ♢》は特性『せんじんのまい』+手張りですぐに270ダメージ分を用意出来るので、使いどころはお大事に。

終盤は《ラティアス♢》の『ドリームミスト』で体制を整えて、次のターンに勝負を決めに来ましょう!
・・・なんか継続戦能力が頗る悪い気がしますが気合で乗り切りましょう・・・。

デッキの有利不利について

《サーナイト&ニンフィアGX》以外の「TAGTEAM」相手には結構強いんじゃないかなぁとは思いますね・・・
とにかく2回の攻撃でフィニッシュ可能なのが偉いです。
《レシラム&リザードンGX》相手はスピード勝負になりそうです。如何にして先攻を取り、《カプ・コケコ♢》を素早くキメられるか。

きついのはやっぱり「非GX」。
【スペシャルレーザーネクロズマ(スぺネク)】あたりとマッチアップしたら絶望的です。(《アーゴヨン》型でも殴り合いになったのち、ジリ貧で負けそうです・・・)

【ルガゾロ】相手は何だか五分になりそうな予感。
《ルガルガンGX(まよなか)》の『デスローグGX』や《ペルシアンGX》の『ふくしゅう』などを特性『ブラッディアイ』や《グズマ》上手く絡ませて突破してくると思うので、その体制が整ってしまう前に早く「ポケモンGX」を叩いておきたいですね。

他に入れたいカード

特性持ちの「ポケモンGX」が多いので、《無人発電所》を突破できる《マーシャドー(リセットホール)》が欲しくなるかもしれません。


《アーゴヨン》もワザでワンパン出来るのがさりげなく偉い。

あとは《ジラーチ》+《エスケープボード》のハッピーセット。

デッキの動きを円滑にしてくれるので、2-2採用はありだと思います。

まとめ

今回は「雷軸」の【レシラム&ゼクロムGX】について考えてみました。

色々な形がありますが、その1つとして参考にしていただければ幸いです。
さぁて、《アーゴヨン》搭載型も考えますか・・・

 

おわり。

↓ドリームリーグのBOXはこちら!↓