【ポケカ】《ゴージャスマント》の使い方や相性の良いカードを紹介!

ポケモンカード

こんにちは。

今回は2023年9月22日発売の強化拡張パック『レイジングサーフ』より、《ゴージャスマント》について解説をしていきます。

《ゴージャスマント》「ルールを持つポケモン」を除くポケモンの最大HPを「100」もあげる強力なグッズです。
その分デメリットもあるので、つけるポケモンをよく考えて運用する必要があります。

それでは見ていきましょー。

↓《ゴージャスマント》収録!強化拡張パック『レイジングサーフ』はこちら!↓

ポケモンカードゲーム スカーレット&バイオレット 強化拡張パック『レイジングサーフ』
ノーブランド品

《ゴージャスマント》のカード性能・解説

《ゴージャスマント》 トレーナーズ ポケモンのどうぐ
■このカードをつけているポケモン(「ルールを持つポケモン」をのぞく)の最大HPは「+100」され、そのポケモンが、相手のポケモンからワザのダメージを受けてきぜつしたとき、とられるサイドは1枚多くなる。

「ルールを持つポケモン」を除くポケモンに付けることで、そのポケモンの最大HPを「+100」する「ポケモンのどうぐ」です。
その代わり、相手のポケモンからワザのダメージを受けてきぜつすると、取られるサイドが1枚多くなるデメリットがあります。
ルールを持たないポケモンが「ポケモンex」並みのHPを得ることが出来ます。

相手ポケモンからワザのダメージをを受けてきぜつするとき、とられるサイドが一枚多くなります。
・自分のポケモンのワザのダメージや効果、特性によるきぜつ(例:《チヲハウハネ》のワザ「ねっしょうどとう」、《ヤドラン》の特性「へんなこうどう」など)
・相手ポケモンのワザの効果や特性によるきぜつ(例:《ヤミラミ》のワザ「ロストマイン」、《ギラティナVSTAR》のワザ「スターレクイエム」など)
・どく/やけどによるダメージでのきぜつ
などでは取られるサイドの枚数が増えません。

《ゴージャスマント》の使い道

強力なワザや特性を持つポケモンに付ける

素で強力な性能を持つポケモンに付けると《ゴージャスマント》の効果を実感しやすいでしょう。

《ドダイトス》に付けることで、もともと高い耐久力に更に磨きがかかり、「ポケモンV・ex」の攻撃をより耐えやすくなるため攻撃のチャンスが増えます。

「ポケモンV・ex」からのワザのダメージを受けない《ギルガルド》に付けることで、ワザのダメージが低く設定されやすいルールを持たないポケモンへの圧力を更にかけることが出来ます。

面白い所では、《コマタナ》に乗っているダメカンの数を参照してダメージを与える《キリキザン(タイムゲイザー)》も相性が良いでしょう。
《コマタナ》に《ゴージャスマント》を付けることでダメージの上限を増やせる上、少ない《コマタナ》で盤面を作ることが可能です。

「ポケモンex」に進化する前のポケモンに付けて耐久力を上げる

「ポケモンex」に進化する前のたねポケモンに付けて、序盤のダメージを受けきるようにする使い方も可能です。
ベンチ攻撃やダメカンのばらまきにも強くなるため、安定して進化させることが可能です。

「ポケモンex」に進化すれば《ゴージャスマント》の効果もなくなるため、サイドを3枚とられることはありません。

ただし、ダメージの大きなベンチ攻撃や《ボスの指令》を使われてきぜつさせられると、目も当てられない事態に陥る可能性もあるのでその点には注意しましょう。
また、《ワザマシン デヴォリューション》や《プテラ》などによる退化からのきぜつやにも警戒する必要があります。

《ゴージャスマント》の対策

《ゴージャスマント》は「ポケモンのどうぐ」であるため、汎用グッズである《ロストスイーパー》が有力な候補となるでしょう。

あらかじめ《ゴージャスマント》を付けたポケモンにダメージを与えておけば、《ロストスイーパー》で《ゴージャスマント》を除去することで、そのままきぜつさせることも可能です。
その場合、サイドは1枚とります。

まとめ

今回は《ゴージャスマント》について、カード解説をしていきました。

一癖ありますが、耐久力の大きな向上でアタッカーを更に活躍させることが出来る1枚です。
今後も相性の良いカードが出てくることもある為、何枚かは確保しておきましょう!

それでは良きポケカライフを!

↓《ゴージャスマント》収録!強化拡張パック『レイジングサーフ』はこちら!↓

ポケモンカードゲーム スカーレット&バイオレット 強化拡張パック『レイジングサーフ』
ノーブランド品