【ポケカ】《パルデアドオーex》の使い方や相性の良いカード・対策を紹介!

ポケモンカード

こんにちは。

今回は2023年3月10日発売の強化拡張パック「トリプレットビート」より、《パルデアドオーex》を紹介していきます。

《パルデアドオーex》は、スタジアムが場に出ていると特性によって相手のバトルポケモンを毒状態にすることが出来ます。
《パルデアドオーex》自身がベンチにいても特性を使用出来、どくを撒くことで相手ポケモンをじわじわと消耗させることが出来ます。

そんな《パルデアドオーex》と相性の良いカードや使い方などを紹介していきます!

それでは見ていきましょー。

↓強化拡張パック「トリプレットビート」はこちら↓

《パルデアドオーex》カード解説・解説

《パルデアドオーex》 1進化 HP280 悪タイプ
弱点:闘 抵抗力:なし にげる:無無無
■特性『どくのぬまち』
場にスタジアムが出ているなら、自分の番に1回使える。相手のバトルポケモンをどくにする。
■『ニードルボーン』 悪無無 200
コインを1回投げウラなら、次の自分の番、このポケモンはワザが使えない。

《パルデアドオーex》は1進化の悪タイプ「ポケモンex」です。
HPが280と《アルセウスVSTAR》や《ルギアVSTAR》などと同レベルの耐久力を持っています。
代わりに逃げるエネルギーが3つと重くなっています。

最大の特徴は場にスタジアムがあると、相手のバトルポケモンをどくにする特性『どくのぬまち』です。
スタジアムの所有者は自分・相手を問わないため、発動機会が多いです。
基本的にワザを使うか、進化時に1回切りでどく状態にすることが多いため、緩めの条件でどく状態に出来るのは強力です。

ワザ『ニードルボーン』は200ダメージを与えるワザで、悪エネルギー+無色エネルギー2つで使用可能です。
《ダブルターボエネルギー》に対応しており、コイントスでウラが出ると次の番に攻撃できないデメリットがあります。

《ダブルターボエネルギー》込みでも180ダメージと十分なダメージを出せるため、アタッカーとして及第点の性能を持っています。

《ドオーex》と相性の良いカード

《アローラ ラッタ》

相手のバトルポケモンの残りHPを「10」にするようにダメカンを乗せるワザ『いかりのまえば』が強力なポケモンです。

《パルデアドオーex》の特性『どくのぬまち』でどくにした後、『いかりのまえば』で攻撃をすれば、どく状態によるダメージで確実に相手ポケモンを気絶させることが出来ます。

強力な確定きぜつコンボとなるため、是非とも組み合わせたい1枚です。

《ハブネーク》

《ハブネーク》が持つワザ『ベノムショック』は、相手のバトルポケモンがどく状態なら「+120」ダメージを追加する効果を持っています。
追加効果でダメージが180ダメージとなり、「ポケモンex」を2回の攻撃で倒せるようになります。

《アローラ ラッタ》よりもパンチ力は低いですが、たねポケモンなのでデッキの枠を圧迫しづらい点が魅力的です。

《ダークパッチ》《ダブルターボエネルギー》

悪タイプの汎用エネルギー加速《ダークパッチ》と無色エネルギー2つぶんとして働く《ダブルターボエネルギー》です。
この2枚を使うことで先程紹介した《アローラ ラッタ》や《ハブネーク》、《パルデアドオーex》自身が1ターンで攻撃できるようになります。

《かがやくヒスイオオニューラ》《ベトベトン》

《パルデアドオーex》のどくを更に活かすポケモンたちです。

《かがやくヒスイオオニューラ》は、どくによるダメカンを2つ増やすことが出来ます。
《ダブルターボエネルギー》による火力の減少を補う意味でも相性が良いです。

《ベトベトン》は、どく状態の相手ポケモンが逃げるためのエネルギーを1つ増やす《ベトベトン(スターバース)》と、進化・退化してもどく状態が回復しない《ベトベトン(スカーレットex)》の2種類があります。
どちらもどく状態での妨害性能を高める性能となっています。

vs《パルデアドオーex》の対抗策

《パルデアドオーex》と相性の悪いを張る

《パルデアドオーex》はスタジアムがあることで特性を発揮できますが、《パルデアドオーex》と相性の悪いスタジアムを張ることで妨害が出来ます。

代表されるのは《頂への雪道》。
「ルールを持つポケモン」の特性を無くしてしまうので、《パルデアドオーex》の特性『どくのぬまち』は発動すらできなくなります。

他にも《シンオウ神殿》は特殊エネルギーの効果を無くし、無色エネルギー1つ分とさせる効果がある為、《ダブルターボエネルギー》を使った素早い攻撃を遅らせることが出来ます。

特殊状態を防ぐ

《ビリジオンV》が持つ特性『わかくさのかぜ』は、草エネルギーが付いているポケモンを特殊状態から守る効果です。

どく状態にならなくなるため、《パルデアドオーex》の『どくのぬまち』を起点とした攻撃を止めることが出来ます。
草タイプデッキには枠があれば入れてみるのもよさそうです。

まとめ

今回は強化拡張パック「トリプレットビート」に収録の《パルデアドオーex》について解説をしていきました。

気軽にどく状態に撒けるポケモンで、どく状態を活用したデッキが組みやすくなります。
《アローラ ラッタ》を使った確定きぜつコンボは非常に強力なので、環境においても頭の片隅に置いておくと対面した時に助かる場面があると思います。

《パルデアドオーex》で更に特殊状態デッキを楽しんでいきましょう!

それでは良きポケカライフを!