【ポケカ】速度と攻撃力のバランスに優れた《ドラパルトVMAX》デッキを紹介【反逆クラッシュ】

デッキ, ポケモンカード

こんにちは。

今回は拡張パック「反逆クラッシュ」に収録される《ドラパルトVMAX》をメインにしたデッキを紹介していこうと思います。

今までの超タイプデッキは《カラマネロ》を利用して3つ以上のエネルギーを補給してから攻撃するデッキがほとんどでした。
《ドラパルトVMAX》は必要なエネルギーが少ないため、《カラマネロ》への依存度が他の超タイプデッキと比べて低く、スピード感を持った戦い方が出来ます。(それでも《カラマネロ》は採用しますが…)

そんな《ドラパルトVMAX》を活かしていける構築にしていきたいと思います!

↓【ドラパルト(非ポケモンV)】をお探しのあなたはこちらをご覧ください!↓

それでは見ていきましょー。

【ドラパルトVMAX】のキーカード

《ドラパルトV》ー《ドラパルトVMAX》

【ドラパルトVMAX】のメインアタッカーとなるポケモンです。

《ドラパルトV》は『アサルトジェット』が強力で、「140」ダメージを出すことが可能です。
エネルギーも超エネルギー2つと軽いため、2ターン目から早速攻撃出来るようになっています。

《ドラパルトVMAX》に進化すると、ワザ『ダイファントム』で、「130」ダメージをバトルポケモンに与えつつ、ベンチポケモンにもダメカンを5つばら撒くことが出来るようになります。
ダメージこそ低いものの、少しずつ相手の戦力を削ぎ落していくことが可能です。

↓詳しくはこちらも参考にしてみてください。↓

《ズガドーン》

《ドラパルトVMAX》がきぜつしたあとに活躍するポケモンです。
基本的には《ドラパルトVMAX》がきぜつした後は、相手のサイドが3枚になっている為、《ズガドーン》のワザ『デプスボム』が強化されます。

予め《ドラパルトVMAX》でダメカンを乗せておいたポケモンにとどめを刺すことが出来、強力です。
《デデンネGX》や《ジラーチ》、《カラマネロ》を積極的に狙いに行きましょう。

《のろいのおふだ》《ホラー超エネルギー》

ダメカンばら撒きを更に強化するカード群です。
《のろいのおふだ》はHPが低くきぜつしやすい《ズガドーン》に、《ホラー超エネルギー》はHPが高く複数回効果を発動できる《ドラパルトVMAX》に付けるとより効果的です。
これで更にダメージは加速した。

【ドラパルトVMAX】のサンプルレシピ

デッキレシピ

超デッキで幅広く採用されている《ジラーチ》と《カラマネロ》を今回も採用し、中盤以降の安定感を持たせた構築にしてみました。

それでは、デッキ構築のポイントを見ていきましょう。

【ドラパルトVMAX】構築のポイント

《マーイーカ》ー《カラマネロ》の3-3採用

拡張パック「反逆クラッシュ」にはベンチポケモンをバトル場に引きずり出すサポート《ボスの指令》が収録されています。
《ボスの指令》の登場により、ベンチで特性を発揮させている《カラマネロ》が倒されてしまうことが多くなります。

2-2での採用ですと、もし1枚でもサイド落ちしていた場合、2匹目を立てることが困難になってきます。
そこで3-3で採用をすることにより《カラマネロ》が狩られてしまった時のリカバリーをしやすくしました。

《デデンネGX》の不採用、《ワタシラガV》の採用

特性『デデチェンジ』によって6枚カードをドローできる強力なポケモンです。

今回のデッキでは《ズガドーン》を採用しており、《ズガドーン》の強化『デプスボム』を使用するには相手のサイドが3枚である必要があります。
相手のサイドが残り3枚の時に《ズガドーン》を使い、《ズガドーン》がきぜつすると相手のサイドは残り2枚になります。

その時に《デデンネGX》がベンチにいると、《ボスの指令》で呼び出されて負けてしまうので採用を見送りました。
代わりに最後まで存在を隠しておけるかつ、万が一の自主退場も可能な《ワタシラガV》を採用し、終盤の安定感を持たせてみました。

《ガブリアス&ギラティナGX》の採用

vs悪タイプデッキの時の活躍を見込んで採用してみました。

【ドラパルトVMAX】は火力が低く、HPの高い悪タイプポケモンである《カラマネロVMAX》を相手にしたときは特に苦戦します。
弱点も突かれてしまうので一方的な展開になることもあり得ます。

ダメカンが乗っているときにダメージが上昇する『カラミティエッジ』もさることながら、その場しのぎとして『ジージーエンドGX』を使用出来るので、《基本闘エネルギー》と共に採用しております。

【ドラパルトVMAX】の動かし方

ステップ①:盤面を整えつつ、素早く攻撃を開始しよう

《ジラーチ》の特性『ねがいぼし』や、《クイックボール》を使用してポケモンを場に出しつつ、《ドラパルトV》で素早く攻撃を仕掛けていきましょう。

《ドラパルトV》は超エネルギー1つでワザ『かみつく』を使えるので、相手のポケモン次第では弱点を突き、後攻1ターン目からサイドを取ることが可能です。
先行ならば2ターン目に『アサルトジェット』や『ダイファントム』も狙いに行くことが出来ます。

ステップ②:《ドラパルトVMAX》でダメカンをばら撒こう

《ドラパルトVMAX》に進化したら『ダイファントム』で攻撃し、ダメカンをばら撒いていきましょう。
《デデンネGX》や《ジラーチ》といった汎用的なポケモンや、《カラマネロ》《アブソル》といった放置すると厄介なポケモンを中心にダメカンを乗せていきましょう。

また、HPの多いポケモンにダメカンを乗せるときは、残りHPが「130」「240」「260」になるように乗せると今後の展開が楽になるのでオススメです。

ステップ③:《ワタシラガV》+《ボスの指令》でトドメを刺そう

終盤、自分のサイド枚数が少なくなってきたら《ワタシラガV》をベンチに出して、特性『ハッピーマッチ』で《ボスの指令》を回収しましょう。

そのまま《ボスの指令》を使い、ベンチの《デデンネGX》や《ワタシラガV》を攻撃してサイドを取り切りましょう!
【ドラパルトVMAX】はダメカンをばら撒くことが得意なので、トドメをより刺しやすくなっています。

【ドラパルトVMAX】の強い点・弱い点

強い点:他の超タイプデッキにはない攻撃速度!

メインアタッカーの《ドラパルトV》《ドラパルトVMAX》は2エネで強力なワザを使うことが出来ます。

《カラマネロ》を立たせなければ動きが遅かった今までの超タイプデッキとは違い、《カラマネロ》が立たなくても早いうちから攻撃をすることが可能です。
攻撃をしつつ盤面を構築できることが強みとなっています。

弱い点:最大火力が低く、一撃でポケモンを倒しづらい

 

 

メインアタッカーの《ドラパルトV》《ドラパルトVMAX》ともに火力が低い為、「ポケモンVMAX」のようなHPが「300」を越えるポケモンを相手にしたときは倒すまでにかなり時間が掛かります。

ダメカンばら撒きを利用してベンチを攻めつつ、《ガブリアス&ギラティナGX》で大ダメージを狙っていくことが必要になります。

vs【ドラパルトVMAX】時の対策

《カラマネロ》《ジラーチ》を攻撃する

《ボスの指令》を使用して《ジラーチ》や《カラマネロ》といったデッキのメインエンジンを攻撃し、動きを鈍らせていきましょう。

《ボスの指令》はほぼすべてのデッキにおいて採用できるカードなので、状況にもよりますが積極的に狙いたいです。

《アブソル》を採用して『アサルトジェット』を使いにくくする

《アブソル》を採用して《ジラーチ》の逃げエネを増やし、《エスケープボード》とのコンボを封じることで《ドラパルトV》の『アサルトジェット』を使いにくくします。

《ドラパルトVMAX》ぼ対策が難しく、『ダイファントム』の標的にされてしまいますが、《アブソル》は採用しやすいカードなので、採用を検討しておきたいですね。

まとめ

今回は《ドラパルトVMAX》をメインアタッカーにしたデッキを紹介しました。
《カラマネロ》でカンタンにエネルギーを供給できるので、《すごいキズぐすり》を採用してより耐久力を上げた構築にしてみてもいいですね。

新カードの追加でさらに強力になった超タイプデッキを是非体感してみてください!

それでは良きポケカライフを!

↓《ドラパルトVMAX》収録!反逆クラッシュはこちらから↓