【ポケカ】剣盾環境の《シャンデラ》デッキを考えてみた【シャンデラ】

デッキ, ポケモンカード

こんにちは。

今回は【シャンデラ(ソウルバーナー)】デッキを紹介していきたい思います。
昨年、《シャンデラ》が登場した時に考えたレシピも残っていますので是非。

今回はガチデッキではなくファンデッキとしての要素が強いので、カジュアルに楽しんでみたい人や、息抜き用のネタデッキとして1つ持って置きたい人にとってお勧めできそうです。

それでは見ていきましょー。

【シャンデラ(ソウルバーナー)】とは

《シャンデラ》が持つワザ『ソウルバーナー』を使って戦うデッキです。

「山札を5枚トラッシュして。その中からポケモンの数×60ダメージ追加」とかなり運要素の高いデッキになっていますが、うまくポケモンが捲れた時のアドレナリンの分泌が凄まじいことになります。

よって、このカードで火力を出していくには多めにポケモンを投入する必要があります。

【シャンデラ(ソウルバーナー)】のキーカード

《シャンデラ》

《シャンデラ》 2進化 HP140 炎
弱点:水 抵抗力:なし にげる:無無

■『ソウルバーナー』 炎 10+
自分の山札の上から5枚トラッシュし、その中のポケモンの数×60ダメージ追加。その後、トラッシュされた炎ポケモンを好きなだけベンチに出す。

今回のデッキのメインアタッカーです。
最大火力は「310」となり、これが1エネルギーで出せるということですから非常に強力ですね。

運任せになりますが。

《インテレオン》

《インテレオン》 2進化 たね HP160
弱点:雷 抵抗力:なし にげる:無

■特性『うらこうさく』
自分の番に、このカードを手札から出して進化させたとき、1回使える。自分の山札からトレーナーズを2枚まで選び、相手に見せて、手札に加える。そして山札を切る。
■『アクアバレット』 水無 120
相手のベンチポケモン1匹にも、20ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。]

特性『うらこうさく』によって、欲しいトレーナーズを持って来ます。
自身がポケモンであるので『ソウルバーナー』のダメージ源になる上、「非ポケモンGX・V」なので、《アローラキュウコンGX》で付きまとっていた「サイドを2枚取られる」というデメリットが低減されています。

進化前の《ジメレオン》も1枚ですが「トレーナーズ」を持ってくることが可能なので、普通に重ねていくのも良し、《ふしぎなアメ》で進化させるも良しといった万能カードです。

【シャンデラ(ソウルバーナー)】のデッキレシピ

今回はこのように組んでみました。

何といっても特徴はポケモンが31枚も入っていることです。
「1進化ポケモン」である《ランプラー》と《ジメレオン》まで4枚積むことによって、順番に進化する体制を整えるとともに、『ソウルバーナー』の対象を増やしています。

《マフォクシー》と《ガオガエン》は、両方揃えば50ダメージ分底上げが出来ます。
しかし進化元がいないので、手札に来てしまったら《ヤレユータン(さるぢえ)》でデッキに戻してあげましょう。

【シャンデラ(ソウルバーナー)】の動き方

ステップ①:たねポケモンを場に揃えよう

《ノコッチ》や《クイックボール》を駆使して、進化元となる《ヒトモシ》や《メッソン》を場に展開していきましょう。

特に、《ノコッチ》は3体もベンチに展開できるで強力です。
ワザのエネルギーも無色1個と、後攻1ターン目から使うことが可能なので狙っていきましょう。

ステップ②:うらこうさくで《シャンデラ》に進化させよう

《ジメレオン》《インテレオン》がもつ特性『うらこうさく』で《しんかのおこう》や《ふしぎなアメ》を使い、《シャンデラ》に進化させましょう。

予習があるなら、《タケシのガッツ》や《ふうせん》などを手札に加えて、後の展開に備えていきましょう。
ついでに山札内のポケモンの割合も増やすことが出来ます。

ステップ③:魂を燃やし続けろ!

準備が整ったら後はひたすら《シャンデラ》の『ソウルバーナー』を使い、相手のポケモンをきぜつさせて行きましょう。
運任せですが、スリルがあって楽しいですよ。

ただし『ソウルバーナー』使いすぎると自分が山札切れで負けてしまうので、《タケシのガッツ》を使用してリカバリーしましょう。

まとめ

さて、今回は【シャンデラ(ソウルバーナー)】のデッキを剣盾環境に合わせた構築と共に紹介していきました。

拡張パック『シールド』には《エースバーン》という強力なカードも登場しているので、そちらを入れてみるのもよさそうですね!
炎タイプのポケモンが登場するたびに強くなっていくポケモンなので、これからも楽しみです。

おわり。

↓《シャンデラ》が収録されているジージーエンドのBOXはこちら↓