【ポケカ】拡張パック「パラダイムトリガー」収録カードリストと解説

カードリスト

こんにちは。

今回の記事では、2022年10月21日発売の拡張パック「パラダイムトリガー」の収録カードと、ちょっとした解説を公開しております。

デッキづくりや環境考察の参考にしてみてください!

商品情報

拡張パック「パラダイムトリガー」

希望小売価格:165円(税込)
内容物:カード5枚入り
※カードはランダムに封入されています。
発売日:2022年10月21日(金)

「遠く遠く離れたところに、ポケモンがひっそりと暮らす未開の島があった…」というストーリーがある拡張パックとなっています。

草タイプ

《ビリジオン》

《コバルオン》《テラキオン》《ケルディオ》がいると1エネルギーで90ダメージになるワザ『フォーアズワン』を持つポケモンです。
《レベルボール》でサーチ可能なポケモンを一撃で倒せるため、【三闘+ケルディオ】デッキではサブアタッカーとしても使うことが出来ます。

炎タイプ

水タイプ

《ケルディオ》

ベンチに《コバルオン》《テラキオン》《ビリジオン》がいると220ダメージになるワザ『フォーアズワン』を持っています。
条件を満たせば「ポケモンV」を一撃で倒せる火力になる点が優秀です。

水エネルギー+《ツインエネルギー》で『フォーアズワン』を使えるため、《キバナ》を使ったカウンター戦術も有効です。
【三闘+ケルディオ】デッキではメインアタッカーとして活躍出来そうです。

雷タイプ

《ピカチュウ》

同パック収録の《トゲデマル》《デデンネ》と組み合わせて使うポケモン。

前の自分の番に《デデンネ》がワザ『デデショート』を使っていると、200ダメージになるワザ『ピカストライク』を持っています。
《トゲデマル》⇒《デデンネ》⇒《ピカチュウ》の順番でワザを使っていきましょう。

ワザのダメージが大きいため、《こだわりベルト》を付けることで相手の「ポケモンV」や、ダメージの蓄積した「ポケモンVSTAR」を倒すことが出来ます。

《マッギョ》

トラッシュにサポートがないときにしか使えないワザ『ミステリーボルト』を持っています。
『ミステリーボルト』は相手のポケモン1体に100ダメージを与えるワザとなっています。

《望遠スコープ》を使うことでベンチの「ポケモンV」に対して130ダメージを与えることが出来るため、中々強力ですがサポートを使えないデメリットが非常に大きいです。

超タイプ

《アンノーンV》ー《アンノーンVSTAR》

《アンノーンV》はワザ『ビクトリーシンボル』が特徴の「ポケモンV」。「V」の姿をした「アンノーン」が描かれています。
自分のサイドが残り一枚なら、強制的に勝利する強力なワザです。
エネルギーと条件が重いため運用は難しいですが、無色エネルギーでワザを使えるため、どのデッキにも採用することが出来ます。

進化先の《アンノーンVSTAR》は、HPが250と低めの「ポケモンVSTAR」です。
右から「VSTAR」と読めるように並んだ「アンノーン」達が描かれています。
ワザ『トライパワー』はコイントスのワザですが、1エネルギーで使用できる点が特徴的です。

「VSTARパワー」では、ワザ『スターサイファー』を使用出来ます。
《プテラVSTAR》のように、場を離れるまで特性を付与するワザとなっています。
特性の効果は、「相手の場のポケモン全員の弱点は、すべて超タイプになる。[弱点は「×2」で計算する。]」というものになっています。

1ターン生き残れば、その後はベンチにもどして《葉隠れポンチョ》を付けてあげることで安心して特性を発揮出来ます。
他の超ポケモンで攻撃をしていき、大ダメージを狙いに行きましょう。

《アサナン》ー《チャーレム》

《アサナン》は、ベンチにいる限りワザのダメージを受けないという特性を持っています。
場持ちが非常によい、優秀なたねポケモンです。
《霧の水晶》でサーチすることも出来ます。

《チャーレム》も特性を持っており、自分の手札が4枚ならワザを使うためのエネルギーが、無色3つ分少なくなります。
持っているワザ『はりきりキック』が無色3つで使えるため、基本的にはエネルギーなしでワザを使えます。

『はりきりキック』は、相手の場に「ポケモンVMAX」がいるなら170ダメージになります。
『スターサイファー』で特性を持った《アンノーンVSTAR》がいれば、ほぼすべての「ポケモンVMAX」を一撃で倒すことが可能です。

《リグレー》ー《オーベム》

《リグレー》は進化元として過不足のない、優秀なたねポケモンです。

《オーベム》が持つワザ『サイコアロー』は、相手のポケモン1匹に60ダメージを与えるワザです。
そのままでもたねポケモンを狩るダメージは出ますが、ベンチでも弱点・抵抗力を計算する効果を持っているのが特徴です。

『スターサイファー』を使った《アンノーンVSTAR》がいるなら、どこにでも120ダメージを与えるワザとなり、強力です。

《デデンネ》

同パック収録の《トゲデマル》《ピカチュウ》《モルペコ》と組み合わせて使うポケモン。

前の自分の番に《トゲデマル》がワザ『トゲダッシュ』を使うことで使用できるワザで、60ダメージを与えつつ、相手のポケモンをマヒにする効果を持っています。
《トゲデマル》⇒《デデンネ》の順番でワザを使っていき、次は《ピカチュウ》または《モルペコ》にワザを繋げることが出来ます。

相手のポケモンをマヒに出来るので、序盤の妨害や終盤の時間稼ぎまで働いてくれるポケモンです。

闘タイプ

《ヤジロン》ー《ネンドール》

《ヤジロン》はHPが若干低いですが、山札からポケモンをサーチ出来るワザ『ともだちをさがす』を持っています。
進化先の《ネンドール》を手札に加えて進化の準備をしていきましょう。

《ネンドール》はトラッシュにサポートがないなら使用できる特性『ミステリーチャージ』を持っています。
『ミステリーチャージ』はトラッシュから闘エネルギーを1枚、自分のポケモンに付けることが出来ます。

サポートが使えない厳しい条件があるものの、優秀なエネルギー加速手段となります。
同パック収録の《イシヘンジン》や《マッギョ》と組み合わせて使いましょう。

《テラキオン》

120ダメージを与えつつ、ダメージを受けなくなるワザ『がんくつタックル』を持っています。
前の番に自分のポケモンが『がんくつタックル』を使っていると、連続して使えないデメリットがあります。
にげるや入れ替え等を使ってもこのデメリットは消えないので、注意する必要があります。

【三闘+ケルディオ】デッキのパーツとなるほか、《ネンドール》の特性『ミステリーチャージ』を使ってワザを使っていくのも良さそうです。

《イシヘンジン》

トラッシュにサポートがなければ190ダメージになるワザ『ミステリープレス』を持つポケモンです。
《こだわりベルト》を付けていれば「ポケモンV」を倒しやすくなります。

《マッギョ》とは異なり、ワザに闘エネルギーを必要としているので、《ネンドール》を複数体並べるだけでも攻撃していくことが可能です。
サポート無しデッキの優秀なアタッカーとして活躍出来ます。

悪タイプ

《モルペコ》

同パック収録の《トゲデマル》《デデンネ》と組み合わせて使うポケモン。

前の自分の番に《デデンネ》がワザ『デデショート』を使うことで使えるワザ『ペコボンバー』を持っており、相手のポケモン全員に60ダメージを与えます。
《トゲデマル》⇒《デデンネ》⇒《モルペコ》の順番でワザを使っていきましょう。

《望遠スコープ》を使うことでベンチの「ポケモンV」に対してより大きなダメージを狙うことが可能です。

鋼タイプ

《コバルオン》

たねポケモンが使うワザの、相手のバトル場の悪タイプポケモンへのダメージが「+30」される特性『せいぎのおきて』を持っています。
【三闘+ケルディオ】では倒せるポケモンの範囲が大きく広がるわけではないですが、特性目当てで他のデッキにも採用できるポケモンです。

ワザ『フォローアップ』は《ツインエネルギー》1枚で使用できるワザで、山札からのエネルギー加速が可能です。
【三闘+ケルディオ】では序盤のエネルギー加速要因として活躍出来そうです。

《トゲデマル》

同パック収録の《デデンネ》《ピカチュウ》《モルペコ》と組み合わせて使うポケモン。

ワザ『トゲダッシュ』は、コインを投げてオモテなら、次の相手の番にきぜつしても相手はサイドを取れない効果を持っています。
《トゲデマル》⇒《デデンネ》⇒《ピカチュウ》or《モルペコ》の順でワザを使っていく為、動きの要となるポケモンです。

コイントス次第ですが、オモテが出れば《トゲデマル》がきぜつしても相手はサイドを取れないので時間を稼ぐことが出来ます。

ドラゴンタイプ

無タイプ

《ルギアV》ー《ルギアVSTAR》

《ルギアV》は無色タイプの「ポケモンV」。
ワザ『かぜよみ』は山札を引ける効果を持っています。
コストとなる手札のトラッシュは、ルールを持たない無色ポケモンをトラッシュすると、《ルギアVSTAR》で無駄なく再利用出来ます。

《ルギアVSTAR》はHPが280と高い「ポケモンVSTAR」です。
ワザ『ストームダイブ』は220ダメージを与えつつ、場のスタジアムをトラッシュ出来るワザです。
《ダブルターボエネルギー》を2枚付けても180ダメージと、及第点のダメージを出せる点が魅力です。

「VSTARパワー」では特性『アッセンブルスター』を発揮出来ます。
自分のトラッシュから、ルールを持たない無色タイプのポケモンを2体までベンチに展開できる効果です。

ルールを持たなければ進化ポケモンでも場に出すことが可能で、同パック収録の《アーケオス》との相性が非常に良くなっています。
他のカードだと、山札を引ける《ビーダル》や、「ルギア」がスタジアムを除去しやすいので《ケッキング》との相性もよいです。

(なぞの化石)ー《アーケン》ー《アーケオス》

《アーケン》は《レベルボール》でサーチ可能な1進化ポケモンです。

《アーケオス》は特性『プライマルターボ』を持っています。
自分の山札から特殊エネルギーを2枚まで、自分のポケモン1匹に付ける強力な効果です。

そのまま進化させると、展開しづらいので《ルギアVSTAR》の「VSTARパワー」で場に出すと良いでしょう。
《ダブルターボエネルギー》を2枚付けることで《ルギアVSTAR》がすぐ攻撃出来るようになり、相性が良いです。

 

グッズ

《大地の封印咳》

「ポケモンV」に付けることで、付けたポケモンが「VSTARパワー」を付けるようになる「ポケモンのどうぐ」です。

《大地の封印石》では、ワザ『スターグラビティ』を使用可能です。
相手の「ポケモンV」全員の残りHPを「100」にする効果となっています。

ベンチに大きなダメージを与えることが出来る「ポケモンV」との相性が良く、特に《れんげきウーラオスVMAX》や《ゲッコウガV-UNION》は、次の番にダメカンを乗せたポケモンをまとめて処理出来るため、非常に相性が良いです。

《森の封印石》

「ポケモンV」に付けることで、付けたポケモンが「VSTARパワー」を付けるようになる「ポケモンのどうぐ」です。

《森の封印石》では、特性『スターアルケミー』を使用可能です。
山札から好きなカードを1枚手札に加える効果となっています。

一見《アルセウスVSTAR》の「VSTARパワー」である特性『スターバース』の劣化版に見えますが、たねポケモンの「ポケモンV」でも使えるようになるため、1ターン目から使用可能である点が特徴です。

《ヤレユータンV》の特性『おとりよせ』があれば、サイド落ちしていなければ高確率で使用できるので、非常に強力です。

サポート

スタジアム

エネルギー