【デスクトップアーミー】「フレア:発信特化型(ハーレクイン)」をレビュー!

フィギュア・プラモデル

こんにちは。「wordpress」を更新したらエディターがものすごく使いづらくなりました。
今までも不便なところはあれど、それなりに使いやすかったのでものすごく残念です。

今回も「デスクトップアーミー」のフレアシリーズより、「発信特化型(ハーレクイン)」をレビューしていきたいと思います。

フレアシリーズの6つ目の形態となる「ハーレクイン」も中々良い出来になっています。
「速度特化型(レッキス)」とはまた違ったかっこよさがあっていいですね。

それではレビューしていきたいと思います。

外観

フロント
リア

素体への追加装甲パーツは少なく主張も控えめですが、バックパックに付いている6つの小型機と、どことなく頭に見えるパーツが目を引きますね。

追加武装・可動域等

小型機の裏をアップで。
小型機の後ろはボールジョイントのアームで繋がっています。

これによって柔軟にバックパックを動かすことが出来ます。

そして、バックパックに付いている小型機を2つと、頭のようなパーツを組み合わせると・・・

「ろっくんドローン」を作ることが出来ます。
先端にはもう少しパーツがありますが、穴がスカスカで取り付けることが出来ませんでした。
また、「ろっくんドローン」を作る際、接続部がとても固く作られているので、ヤスリを使ってある程度削っておくと組み立てやすくなります。

後ろ。よく見ると「ろっくん」(丸い物体)が仕込まれているのが分かります。

先端には持ち手パーツがあるので、他の形態に付属していた武器の一部を持たせることが出来ます。

フォトレビュー

それでは何枚か写真を載せていきます!

「ハーレクイン」、出撃!

小型機を前方へ向けて一斉射撃!

バックパックは柔軟に動くので手持無沙汰でも結構遊べる印象でした。
カッチリ出来ているのでポロリも全くなかったです。

「ろっくんドローン」単体で。

サポートメカのある機体っていいよね・・・!

武器を持たせて。(「レッキス」のライフル)

「ロップイヤー」の剣も持たせて近距離戦をこなす!

「ハーレクイン」本体と合わせて。
「ろっくんドローン」を出撃させるシーン。

「ろっくんドローン」にピントを合わせて。
2つ同時に写すと映えますね~

なでなで。

最後は一緒に。

まとめ

今回は「発信特化型(ハーレクイン)」のレビューをしていきました。

本体も「ろっくんドローン」もとてもよくできていたと思います。
「ろっくんドローン」に関しては一部組み込みが出来なかったパーツがありましたが、なくても十分かっこよくできたのでよしとします。

飾っておくならこの形態も中々いいなぁと思いました!


おわり。

フィギュア・プラモデル

Posted by teien