【ポケカ】シティリーグ2024 シーズン2:第6週環境考察【01/06~01/12】

シティリーグまとめ, ポケモンカード, 環境考察

こんにちは。

今回はシティリーグ2024 シーズン2の第2週について、ベスト4までの入賞デッキの統計とちょっとした環境考察をしていきます。

入賞デッキ統計

集計期間:2024年01月06日~2023年01月12日
集計デッキ:シティリーグ(オープン)にてベスト4に入賞したデッキ

※デッキ名については、個人的な主観に基づいて分別しています。入賞デッキ内でのコンセプトの違いなどにより細分化をする場合があります。

統計を元にした環境考察

①:【悪リザードンex】デッキが環境を圧倒!ミラーマッチも多発する環境に

今週は【悪リザードンex】デッキが圧倒的な入賞数で環境トップに躍り出ました。
《ピジョットex》の特性「マッハサーチ」を使って《リザードンex(悪)》を着実にベンチで育てながら、後半の巻き返しを狙う形が主流となっています。

拡張パック『ワイルドフォース』『サイバージャッジ』発売後の新レギュレーション環境でも、安定したバトルが展開できることが期待されているため使用者が多いです。

ミラーマッチを意識した《正義のグローブ》採用や、《ギラティナVSTAR》対策の《Vガードエネルギー》採用など、現環境トップクラスのデッキに対しても対応することが出来るのも使用者が多い一因でしょう。

しばらくは【悪リザードンex】をどのように攻略するか?が重要となってきそうです。

②:《サーフゴーex》が《オリジンパルキアVSTAR》を相棒に大躍進

チャンピオンズリーグで活躍した、《オリジンパルキアVSTAR》搭載型の【サーフゴーex】が環境で多く活躍しています。

小型~中型のポケモンを《オリジンパルキアVSTAR》や《かがやくゲッコウガ》を使って相手取ることで、安定したバトルを行うことが出来ます。

《サーフゴーex》の縦引きや《カイ》のサーチによって、動きの再現性も高く、使いやすくて強力なデッキとなっています。

③:CL京都で優勝した【4Cロストバレット】が最後の輝きを放つ!

チャンピオンズリーグで優勝した、超・水・悪・雷の【4Cロストバレット】が話題となり、大きく入賞数を伸ばしています。

フィニッシャーとして使われる《カイオーガ(25th)》と《エネルギーリサイクル》がレギュレーション落ちをするため、現在の型で使用出来るのは残り2週間ほどとなりますが、高い展開力と幅広い対応力を持つ玄人好みのデッキとなっています。

これまで主流であった、超・炎型や超・炎・悪型の【ロストバレット】を抑えて一気に【ロストバレット】界のトップになったため、デッキパワーと構築力が非常に高いことが推察できます。

まとめ

今回の結果を元にしたTierはこのようになるでしょうか。

Tier1【悪リザードンex】【ギラティナVSTAR】
Tier2【サーナイトex】【ミライドンex】【ミュウex】
Tier3【ロストバレット】系統【インテウーラオス】【トドロクツキex】
【サーフゴーex】【パオジアンex】【カビゴンLO】

レギュレーションの変更まで残り2週間となりますが、全力で今のポケカを楽しみましょう!

それでは良きポケカライフを!