【ポケカ】強化拡張パック「爆炎ウォーカー」収録カードリスト【爆炎ウォーカー】

カードリスト, ポケモンカード

こんにちは。

この記事では、2020年4月24日(金)発売の強化拡張パック「爆炎ウォーカー」の収録カードとちょっとした解説を書いております。

それでは見ていきましょー。

商品情報

新型コロナウィルスの影響が心配されましたが、現状は2020年4月24日発売予定となっています。

デッキを強化! ※この商品はBOXでの販売となります。

1BOX=30パック入り。1パック=カード5枚入り。全70種+???よりランダムに封入。1BOXですべて揃うとは限りません。
(Amazon.co.jpより)

2020年2月24日公開情報

《マルヤクデVMAX》および、「炎タイプ専用の特殊エネルギー」が収録されるようです。

草タイプ

《バタフリーV》ー《バタフリーVMAX》

2体目の草タイプ「ポケモンVMAX」。
進化前・進化後共にHPが低めに設定されております。

ワザもそこまで強力という訳ではないですが、《バタフリーVMAX》は逃げるエネルギーを必要としていないのが特徴です。
「爆炎ウォーカー」までの「ポケモンVMAX」としては初めてですね。

カードパワーは低いですが、草タイプ特有の展開力で補っていきましょう。

《カブルモ》ー《シュバルゴ》

《カブルモ》はHP「60」なので《ウツギ博士のレクチャー》に対応。

《シュバルゴ》は鋼タイプですが、便宜上こちらに。
1エネルギーで最大「150」ダメージを出せるのは魅力ですが、運ゲー過ぎるので使うことはほぼなさそう…

《チョボマキ》ー《アギルダー》

どちらも無色エネルギーのみを要求しているので、一応どのデッキにも入れることは出来ます。

《アギルダー》は、一応逃げエネ0なのはいい点です。
火力とHPはそこまで高くないです。

《アマカジ》ー《アママイコ》ー《アマージョ》

《アマカジ》《アママイコ》については、好きなものを採用すればいいと思います。
《アママイコ》かわいい。

《アマージョ》はベンチ攻撃とエネルギーバウンス、2つのワザを持っています。
全体的に火力不足なので、採用されることは少なそう。

《コソクムシ》ー《グソクムシャ》

草タイプの《コソクムシ》です。
《ネットボール》に対応していますが、逃げエネを3つも必要としている点には注意です。
一応ワザで逃げることが出来るので、逃げエネの重さをカバーしましょう。

《グソクムシャ》は相手の場の「ポケモンV・GX」の数だけ火力が上がる『ぎゃっきょうぎり』が特徴です。
《ツインエネルギー》1枚で使用することが出来、相手の場に2体「ポケモンV・GX」がいれば「130」ダメージとなるのでコストパフォーマンスは比較的良好。
「ポケモンV・GX」を中心としたデッキ、特に【ピカチュウ&ゼクロムGX】に対しては高い火力を出すことが期待できます。

もう一つのワザ『スマッシュターン』もそれなりに強力です。
《ボスの指令》が出たため、信頼度は幾分か落ちていますが…。

炎タイプ

《ヒードラン》

『げきりん』系のワザを持っています。
素のダメージがやや高いですが、エネルギーの要求も多くなっています。

逃げエネが4つなので、《ムキムキパッド》に対応しているのはいいですね。
ただ元々のHPが「130」と心もとない…。

《メラルバ》ー《ウルガモス》

《メラルバ》は逃げエネが2つなので、他の《メラルバ》よりも扱いやすくなっています。
《ウルガモスGX》の進化元として優秀。

《ウルガモス》はこれといった特徴はないです。

《ヤヤコマ》ー《ヒノコヤマ》ー《ファイアロー》

《ヤヤコマ》は無タイプですがこちらに。
この進化ラインも際立った特徴はないです。

《ファイアロー》は《燃えるスカーフ》と同等の効果を特性に持っています。

《マルヤクデV》

相手のバトルポケモンのエネルギートラッシュが出来る『ねつほうしゃ』が特徴的なポケモンです。
自身のエネルギーもトラッシュする必要がありますが、1エネルギーでワザを使えるのが優秀ですね。

《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》の『オルタージェネシスGX』を妨害して、時間を稼いだり《メタルソーサー》を使わせたり出来ます。
ちょうど《ザシアンV》の弱点も突ける炎タイプなので、【三神ザシアン】あたりには強く出られそうな感じです。

『バーニングトレイン』はそれほど強力ではないですが、あって損はしないといった性能です。

《マルヤクデVMAX》

今回のパッケージポケモン。
炎エネルギーが付いていればついているほどダメージが上昇するワザ『キョダイヒャッカ』を持っています。
「ポケモンVMAX」を一撃で倒せる火力と前情報ではありましたが、その火力を得るためには炎エネルギーが7~8個(=320~360ダメージ)必要です。
かなり重いので、出来たらラッキー程度に考えた方が良さそう…

エネルギーを持っていない状態からでも、手張り+《溶接工》で一応「160」ダメージになるので及第点の火力ではあります。
ただし炎エネルギー4つで「200」ダメージなので、一撃で倒せる「ポケモンV」が限定されるのは惜しい所。

『キョダイヒャッカ』を使用するたびに炎エネルギーを増やすことが出来るので、「280」ダメージ(炎エネルギー6つ)は現実的になってくるのかな、と思います。

↓《マルヤクデVMAX》を使ったデッキも考えてみました!↓

水タイプ

《ガラル バリヤード》ー《ガラル バリコオル》

同名カードの新規出るの早いですね…

《ガラル バリコオル》は相手のサイドを入れ替えられる特性が面白いですね。
《ヤレユータン》の特性『さるぢえ』で山札にキープさせたカードを、サイドに送り込めるのは中々強力。
上手くいく状況が限定的過ぎですが。

また、『よるのこうしん』や『ロストマーチ』に似たワザとして、『マッドパーティ』というワザが追加されました。
1進化で水タイプなので、他の『マッドパーティ』と比べると扱いづらさは目立ちます。

後述の《ポットデス》でトラッシュして、『マッドパーティ』の火力を上げる要因として使用するのがいいでしょう。

《ヒンバス》ー《ミロカロス》

《ヒンバス》のイラストいいですね。
基本的にポケモンが大きく描かれる中、背景が多めに描かれているのが目を惹きます。

《ミロカロス》は自分のポケモン全員のHPを回復できる特性『ブライトヒール』を持っています。
回復をする特性を持ったポケモンの中では性能が高いです。

比較対象として、《ラフレシアGX》は自分のポケモン全員のHPを「30」回復する特性を持っています。
《ミロカロス》は回復量こそ劣るものの、「非ポケモンV・GX」であることと、1進化であることで差別化を図ることが可能です。

デッキに積極的に採用されることはなさそうですが、インフレを感じる1枚になっています。

《クマシュン》ー《ツンベアー》

《クマシュン》はワザが異なっているものがあるので、お好きな方を採用しましょう。

《ツンベアー》は過去のものと比較すると、エネルギーの要求が少なくなっており、扱いやすくはなっています。

《ヨワシ》

ワザ『しんかいのうず』の効果によるドロー枚数は、「VMAXライジング」に収録されている《ルチャブル》より優秀です。

雷タイプ

《クワガノンV》

相手のグッズを使えなくさせることが出来る『パラライズボルト』が非常に強力。
必要なエネルギーも少ないため、《カプ・コケコ♢》や《サンダーマウンテン♢》を合わせれば後攻1ターン目から使用することが可能です。
《エレキパワー》を使えば《ジラーチ》を狩り取れる点も見逃せないポイントです。

【パルスワンV】デッキにおける、序盤の時間稼ぎとして優秀な仕事をしそうですね。

《デンヂムシ》の特性『バッテリー』では《クワガノンV》に付けられないので注意。
《デンヂムシ》は《クワガノン》か《クワガノンGX》にのみエネルギーとして付けられます。

《エレズン》ー《ストリンダー》

「ストリンダー」はまさかの3連続でパックに収録。
形態こそ違いますが優遇されてますね…

《エレズン》はワザ違いのものがありますのでお好みで。

《ストリンダー》は「ライブラリアウト」戦術を取ることが出来るワザを持っています。
コイントスを行いますが、同パックに収録されている《ルミナスメイズの森》を使って確率を上げることは出来ます。

超タイプ

《ブルー》ー《グランブル》

超タイプで初収録の進化ラインです。
性能は控えめですが、《ミステリートレジャー》で《ブルー》をサーチできる点がポイントです。

《サーナイトV》

弱点が鋼タイプなので注意しましょう。
従来の超タイプ《サーナイト》とは異なっています。

ワザ『みなぎるはどう』は、回復していれば「200」ダメージになるというもの。
《イエッサンV》や同パック収録の《妖しいカンヅメ》を使用することで条件を簡単に満たすことが出来ます。

耐久気味の戦い方になるので、《ホラー超エネルギー》と合わせるのも強力です。
強化『みなぎるはどう』+《ホラー超エネルギー》効果で、合計「220」ダメージになるので、「ポケモンV」に対して牽制が出来る点は魅力。

《サーナイトVMAX》

ワザ『ダイキュアー』は「180」ダメージを与えつつ、HPを「50」回復します。
《マオ&スイレン》や《妖しいカンヅメ》《イエッサンV》と組み合わせた耐久デッキもが出てきそうですね…。

鋼タイプの《ザシアンV》が怖いので、《ウィークガードエネルギー》で弱点を消しておくといった対策が欲しいです。
私も勘違いしていましたが《ジラーチGX》では弱点を消せないので注意です。
《ジラーチGX》は超タイプを弱点としているポケモンの弱点を失くします。

特性持ちポケモンを全て抜けば《ブルーの探索》を使った単騎構築もいけそう。

↓《サーナイトVMAX》を使ったデッキを考えてみました!↓

《ルナトーン》

特性持ちの《ルナトーン》が強力なので、こちらを採用することはなさそうです。

《デデンネGX》

超タイプの「デデンネ」、他の元フェアリータイプ組よりも新鮮な感じがしますね…。
《ミステリートレジャー》対応で、ワザ『マッドパーティ』を持っています。

必要なエネルギーがやや重いのは欠点ですが、『マッドパーティ』持ちのポケモンがまだ少ないので、採用は十分可能です。

《ネマシュ》ー《マシェード》

超タイプとしては初収録の進化ライン。
《ネマシュ》が《ミステリートレジャー》に対応してるので、今後の《マシェード》に期待がかかります。
XYとサンムーン本編はやってないので、ここら辺のポケモンはあまり知らない…

《ヤバチャ》ー《ポットデス》

《ヤバチャ》は2種類目なので、お好みの採用で。

《ポットデス》は『マッドパーティ』をワザに持っており、『マッドパーティ』持ちのポケモンをトラッシュすることでカードを引ける特性『ティーブレイク』を持っています。

能動的に『マッドパーティ』のダメージを伸ばすことが出来、《ツインエネルギー》1枚で『マッドパーティ』も使用可能なので【マッドパーティ】デッキの切り札的存在と言えるでしょう。